ホーム > お知らせ > こう書房ニュース 5/14号(No.156)

こう書房ニュース 5/14号(No.156)

 

 

---< Contents >-------------------------------------------------------

■ 神楽坂はプチ上海?

■ 5月新刊 言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本

■ 5月新刊 大当たりチラシのつくり方

■ 4月の売行き良好書ベスト10

■ 来月もおもしろいラインナップ!

-------------------------------------------------------< Contents >---

 

======================================================================

■ 神楽坂はプチ上海?

======================================================================

 

会社のある神楽坂駅付近では、ここずーっと建設ラッシュです。

 

駅の出口1と出口2のあいだのほんの何百メートルのところに3つも4つも高

い建物がつくられています。

 

ひょっとして夜明けは近いのか?

 

 

======================================================================

■ 5月新刊 言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本

======================================================================

 

5月新刊1点目は

 

言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本

 

オビ:なにを言っているのかわからないよと言われてしまうアナタに!

 

 

* * *

 

 

上司や同僚・友人から「で、なにが言いたいの?」「なに言ってるかわかんな

いんだけど…」と言われてしまう人へ。

 

友だちとのバカ話しなら、苦笑いとともにスルーされるだけで、オオゴトには

ならないけど、これが仕事の場面だったら…。

 

これまでの「説明の本」は、とにかく説明のテクニックを解説したものばかり。

実は、「で、何が言いたいの?」と言われる人には、その前段階が必要だった

のだ。

 

それが「頭の中の整理」。この本では、「頭の中の整理」のしかたをキチンと

説明したのち、伝えるための基本的かつもっとも大切なテクニックとして「論

理的に伝える」を示している。

 

例題がたくさん掲載してあり、それをひとつひとつ解いていけば、自然と説明

力の基本が身につく仕組みになっている。まさに、あのころやったドリル形式

で、キチンと説明力がついちまうのさっ。

 

 

* * *

 

 

言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本

 

○著者:工藤昌幸(くどう・まさゆき)+松井寿夫(まつい・としお)

○定価:1,470円(本体1,400円+税)

○書籍コード:ISBN978-4-7696-1027-4

○詳しい書籍情報&ご注文は:

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b60049.html

 

○著者からのメッセージ動画あります。

なんなんだ! この掛け合い風の書籍紹介は? 笑える…

http://www.youtube.com/watch?v=TZDDJmvIPS8

 

○新刊JP 特設サイトです。

ほほぅ、登場人物は福山先輩と山田クンだね。

http://www.sinkan.jp/special/description/index.html

 

○新刊ラジオ Podcast

ブックナビゲーター矢島さんの軽妙なトークで紹介

http://www.sinkan.jp/radio/radio_1124.html

 

○新刊JP ニュースにも配信 3回連続配信でストーリー仕立てに!

頑張れ! ゆとりな新人「吉男」クン!

第1回 http://www.sinkan.jp/news/index_1128.html

第2回 http://www.sinkan.jp/news/index_1129.html

第3回 http://www.sinkan.jp/news/index_1135.html

 

○この本を本屋さんで注文できないくらい説明力のない人は…

(って、いるのかそんな人!?)

 

河北新報 5月14日(金)

静岡新聞 5月14日(金)

京都新聞 5月17日(月)

 

に広告が掲載されるので、その切り抜きを持っていけば問題なし!

http://www.kou-shobo.co.jp/news/n968.html

 

いっしょに掲載されている

 

俺の感性が羅針盤だ!

●人生の答案用紙にナビはない

○著者:岡野雅行(おかの・まさゆき)

○定価:1,470円(本体1,400円+税)

○書籍コード:ISBN978-4-7696-1025-0

○詳しい書籍情報&ご注文は:

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b61450.html

 

も読んでみてね!

 

 

-=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=

 

☆あわせて読みたい本☆

 

「職場がツライ」を変える会話のチカラ

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b55125.html

 

30秒でつかみ・1分でウケる 雑談の技術

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24838.html

 

初めての人でもスムーズに話せる質問力

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b37563.html

 

一流芸能人がやっているウケる会話術

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24897.html

 

 

======================================================================

■ 5月新刊 大当たりチラシのつくり方

======================================================================

 

5月新刊2点目は

 

大当たりチラシのつくり方

●反響が格段に違ってきて売上アップにすぐつながる!

 

 

* * *

 

 

この時代にアナログのチラシだって…。そう思ったあなた。残念ながらこの本

の読者対象ではありません。どうぞデジタル系デバイスで集客してください。

 

この本を読んでほしいのは、ホームページ、ブログ、ツイッターなどなどで宣

伝してもなかなか集客・販売に結びつかない商売をしている人たち。

 

そうです、街でご近所を相手に商売しているお店の皆さんです。

 

このお客さんたちにはチラシが有効。でも、効果が出ていませんよね。それも

そのはず、昔のまんまのチラシをまいているだけだからです。

 

「幅広い品揃え+安さ」をうたっただけのチラシでは、もはや人は魅力を感じ

ません。では、どんなチラシに惹きつけられるのか…。

 

ぜひ本書をお読みください。なるほどと思えるチラシテクが満載です。そして

さらに、本書にはさまれた「チラシ」を著者宛てにFAXすると、特別レポー

トがもらえます! 見逃す手はもはやなし!

 

 

* * *

 

 

大当たりチラチのつくり方

●反響が格段に違ってきて売上アップにすぐつながる!

 

○著者:小野達郎(おの・たつろう)

○定価:1,890円(本体1,800円+税)

○書籍コード:ISBN978-4-7696-1028-1

○詳しい書籍情報&ご注文は:

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b61637.html

 

○日経MJ(流通新聞)に広告掲載!

5月12日(水)の1面に掲載されました。

http://www.kou-shobo.co.jp/news/n968.html

 

 

-=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=- -=

 

☆あわせて読みたい本☆

 

効果バツグン!「販売促進」の成功ノウハウ

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24686.html

 

当たる「DM(ダイレクトメール)」はこうつくる

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24591.html

 

 

======================================================================

■ 4月の売行き良好書ベスト10

======================================================================

 

第1位 俺の感性が羅針盤だ!《4月新刊》

(岡野雅行 定価1,470円)

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b61450.html

 

ひと言 これまでとは違って経営者&リーダーへの指南本。

 

第2位 TOEICテストこれ1冊で全パートをモノにする

(仲川浩世 定価1,995円)

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24814.html

 

ひと言 公式ガイドブックの次に売れてるといっていい本。もはや定番。

 

第3位 TOEICテストこれ1冊で全パートを完璧にする《4月新刊》

(森川美貴子 定価1,995円)

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b60044.html

 

ひと言 第2位の「モノにする」の《中・上級者編》。なかなかスゴイ。

 

第4位 学校の勉強だけではメシは食えない!

(岡野雅行 定価1,470円)

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24853.html

 

ひと言 岡野本の中でもっとも岡野さんらしい本とBBMで土井さん絶賛。

 

第5位 メシが食いたければ好きなことをやれ!

(岡野雅行 定価1,470円)

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24879.html

 

ひと言 波に乗って岡野さんの第2弾。面白さは2割増。

 

第6位 完全熟睡マニュアル

(桜井直也 定価1,575円)

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b55149.html

 

ひと言 9割の人が寝てしまう添付CDを聞い・・て・・み・・・た・・・

 

第7位 TOEICテスト初挑戦のための英単語と英熟語《CD2枚付き》

(甲斐幸治 定価2,100円)

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24737.html

 

ひと言 こっちのCDを聞くほうが眠くなる人もいるかも?って冗談ですよ!

 

第8位 退職のとき100万円トクする本

(中村敏夫 定価1,470円)

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b51489.html

 

ひと言 やり方さえ知っていれば3日でもらえるもの全部もらえるから。

 

第9位 一流芸能人がやっているウケる会話術

(難波義行 定価1,470円)

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24897.html

 

ひと言 有名芸能人の話し方テクが見事に再現されていて感心しちゃう。

 

第10位 社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

(香取貴信 定価1,260円)

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24672.html

 

ひと言 この本を渡すだけで新人教育ができてしまう、定番中の定番。

 

 

======================================================================

■ 来月もおもしろいラインナップ!

======================================================================

 

おもしろいラインナップなので、来月(6月)新刊の告知を少々。

 

活きのいい案がとれる!とれる!

マグロ船式 会議ドリル

●荒波を乗り越える仕切り方・進め方

 

著者 齊藤正明

 

著者はあの方ですよ。マグロ船に無理やり乗せられ、そこで人間関係を始めと

する仕事の極意を身につけた方。ベストセラー『会社人生で必要な知恵はすべ

てマグロ船で学んだ』の著者ですよ。

 

今回の新刊は、@nifty ビジネスの大人気連載をベースに単行本化しました。

http://business.nifty.com/articles/facilitation

 

 

もう1冊が

 

ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣

●そうか、こうすれば自信と誇りが持て、人に優しくなれるんだ!

 

著者 石坂秀己

 

ディズニーランドは、そこに遊びにいくお客さん(ゲスト)はもちろん、ゲス

トの対応にあたる(つまり、そこで働いている)スタッフ(キャスト)も笑顔

満載ですよね。

 

ディズニーランドとはいえ、普通に働いていれば、イヤなこと、ツライことも

きっとあるはず。でも、なぜディズニーランドのキャストはみんな笑顔なの?

 

ディズニーランドの運営会社で15年勤務したのちアミューズメント業界への人

材派遣コーディネーターとなった著者がその秘密を明かします!

 

 

----------------------------------------------------------------------

(第156号制作 編集部・鈴木)

このページのトップへ