ホーム > お知らせ > 『ストーリーで体験を語れば人の心を動かせる』の書評が「月刊広報」に載りました

『ストーリーで体験を語れば人の心を動かせる』の書評が「月刊広報」に載りました

 

納得・共感の決め手は「物語で伝える」こと

ストーリーで体験を語れば人の心を動かせる

 

発行から3カ月が経ち

最近では目立った動きはないようでいて

実は地道に動いてたりするこの本が

 

公共空間のコミュニケーションを考える専門誌

月刊「広報」

http://www.koho.or.jp/publication/

 

の2011年6月号(No.709)で紹介されました。

一部抜粋。

 

プロの講師として活動する著者だが、駆け出しのころは、受講者に眠たそうにされ、どうすれば自分の話に興味をもって聞いてくれるのか、真剣に悩んだという。そんな著者を導いてくれたのが、本書のテーマである「自分だけの物語」。この手法のおかげで、「話す」ことが好きになり、仕事に自信が持てるようになったという。

 

紹介全文はぜひ「月刊 広報」で。

専門誌なのでなかなか目にする機会が少ないかもしれませんが

あなたの会社でも広報ご担当の方が読んでらっしゃるかもしれませんよ

 

 

このページのトップへ

関連書籍

ストーリーで体験を語れば人の心を動かせる

ストーリーで体験を語れば人の心を動かせる

納得・共感の決め手は「物語で伝える」こと

著者:鈴木 裕子
 
 

このページのトップへ