ホーム > お知らせ > こう書房ニュース 2009/4/15号 - 新年度のスタートです

こう書房ニュース 2009/4/15号 - 新年度のスタートです

★★★★★    こう書房ニュース 4/15号(No.143)    ★★★★★

**********************************************************************
こう書房メールサービスにお申し込みをいただいた方にお送りしています。
各種書籍の内容等についてのご質問は電話(03-3269-0581)にてお願いします。
こう書房ニュースは転載大歓迎!! お友達にどんどん見せてあげてください。
**********************************************************************

「こう書房ニュース」では、新刊とその関連書籍の情報をお知らせしています。

●こう書房で発行している書籍の詳細情報をお知りになりたかったら…

ホームページ「こう書房」へ
http://www.kou-shobo.co.jp/

☆今月発行の新刊はもちろん、こう書房発行の現在入手可能なすべての書籍の
詳細がわかります。仕事や生活に役立つ本がきっと見つかります。


●こう書房の毎日の最新ニュースをお知りになりたかったら…

ブログ「ようこそ「こう書房」の本棚へ~神楽坂の出版社~」へ
http://kajiyu.cocolog-nifty.com/kagurazaka/

☆編集長がつづるこう書房日記です。新刊・来月刊情報、時節にあった書籍の
紹介、増刷情報、新聞広告情報、業界情報、営業が出張先から持ち返った情報、
編集長が紹介したい本(他の出版社の本ですが…)、その他もろもろ雑記など
がテンコモリ。一度読んでみてください。

---< Contents >-------------------------------------------------------

■ 新年度のスタートです
■ 4月新刊2点のご紹介
■ 3月の売れ行き良好書ベスト10
■ スタートと変化

-------------------------------------------------------< Contents >---

======================================================================
■ 新年度のスタートです
======================================================================

4月は進級・進学・就職・新会計年度といった「(新規)スタート」があり、
なにかワクワクする「春」のイメージを強く感じる月ですね。個人的には長年、
そんなワクワク感とは無縁ですが、甥っ子の高校入学で遠い昔に思いをはせま
した。みなさまは、いかがでしょうか。

新年度最初の新刊が小社刊1000点め・1001点めになります。勝手な事情ですが、
区切りを感じるしだいです。その新刊は、以下のとおりです。

一流芸能人がやっているウケる会話術』…会話の重要性は、いまさら述べる
までもありません。ネット社会の進展で、むしろ、ますます大事になりそうで
す。本書の切り口は、いままでになかったユニークなものです。

1億出してもほしい人』…経済状況のきびしい昨今ですが、昇進・就職・転
職の機会にある方は、希望や野望に満ちあふれるものでしょう。こういうご時
世にあっても、スキルアップをめざすためのヒント満載の本です。


======================================================================
■ 4月新刊2点のご紹介
======================================================================

上でふれたように、4月新刊は2点です。


一流芸能人がやっているウケる会話術
○場を盛り上げ相手を楽しませる話し方


著者:難波義行(なんば・よしゆき)
定価:1470円(本体1400円+税5%)
書籍コード:ISBN978-4-7696-1000-7

「話していて楽しい人だ」「おもしろい話をする人だ」と思われたい方むけに、
テレビで活躍する一流芸能人の「聞く&話すテクニック」を参考にしましょう
--と紹介します。島田紳助、タモリ、上沼恵美子、松本人志などの、相手を
引き立たせ自分をアピールする会話術の分析・解説はユニークな内容で、雑談、
飲み会、コンパ、プレゼン、セールスなどにきっと役立ちます。

くわしい内容の一部は↓
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24897.html

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
1億出してもほしい人
○どこでも通用する「7つのスキル」を身につける!


著者:芦屋広太(あしや・こうた)+ネクストエデュケーションシンク
定価:1470円(本体1400円+税5%)
書籍コード:ISBN978-4-7696-1001-4

切り捨てられる社員と引き止められる社員との“差”はどこにあるのか。雇用
不安や派遣切りといった閉塞感のある時代に、仕事の基礎力を学習し「どこで
も通用する7つのスキル」(自分で売る力、ビジネスマッチング力、ヒューマ
ンマネジメント力、文書力、交渉力、チームビルド力、世渡り力)を身につけ
る考え方とノウハウを展開します。キビシイ世の中をサバイバルするための本。

くわしい内容の一部は↓
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24896.html


======================================================================
■ 3月の売れ行き良好書ベスト10
======================================================================

3月の小社本の売れ行きランキング。ご興味をお持ちのむきは、ぜひどうぞ。


第1位 銀座流 売れっ娘ホステスのほめ方・ほめ言葉
(3月新刊) 佐藤奈月 定価1470円
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24895.html

第2位 何があっても倒産させない社長力
(3月新刊) 小山政彦 定価1575円
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24894.html

第3位 7秒で魅了するテクニック 魅力の法則
(↓) おかざきなな 定価1470円 
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24891.html

第4位 TOEICテストこれ1冊で全パートをモノにする
(↑) 仲川浩世 定価1995円
  http://www.kou-shobo.co.jp/books/index.php?action=detail&id=682

第5位 社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった
(↓) 香取貴信 定価1260円
http://www.kou-shobo.co.jp/books/index.php?action=detail&id=1

第6位 学校の勉強だけではメシは食えない!
(↑) 岡野雅行 定価1470円
http://www.kou-shobo.co.jp/books/index.php?action=detail&id=754

第7位 銀座流 売れっ娘ホステスの会話術
(↓) コタロウ 定価1470円
http://www.kou-shobo.co.jp/books/index.php?action=detail&id=717

第8位 誤解キャラ&偽装キャラ 取扱説明書
(3月新刊) 長住哲雄 定価1470円
http://www.kou-shobo.co.jp/books/index.php?action=detail&id=770

第9位 一瞬でやる気のスイッチを入れるアクションブレーク術
(3月新刊) さかもとはるゆき 定価1470円
http://www.kou-shobo.co.jp/books/index.php?action=detail&id=768

第10位 信じられないほど仕事が楽しくなる みとめの3原則
(↓) 木戸一敏 定価1575円
http://www.kou-shobo.co.jp/books/index.php?action=detail&id=764

→:先月と順位変わらず
↑:先月からランクアップ
↓:先月からランクダウン
をそれぞれ示しています。

======================================================================
■ スタートと変化
======================================================================

「(新規)スタート」は、さまざまな変化ともいえます。世界的にはアメリカ
のオバマ新大統領の「チェンジ!」があり、ご近所的にはヨネスケ「突撃! 
隣の晩ごはん」の終了があります。私たちのスタート(変化)がどうなるか。
みなさまのスタート(変化)がいいかたちになりますよう。

多くの他業界と同様、出版業界も四苦八苦しており、小社もまたご多分にもれ
ないわけですが、いち読者の立場からすれば、読みたい本・おもしろい本は山
のようにあります。無理やりにでも、スタート(変化)に結びつけて、最近読
んだ2冊を紹介します。

まずは、漫才コンビ(2008年の漫才コンクールM-1グランプリで決勝進出、
第5位になった)U字工事の『レッツゴー!栃木 U字工事の熱血お国自慢』
(ランダムハウス講談社)。ますますのブレークという変化(上昇機運)にあ
る、益子卓郎、福田薫の二人が、出身地・北関東は栃木県への愛を全開にして
います。“ライバル県”茨城県出身・磯山さやかとの対談では、ちょっと腰く
だけになったり、森三中・大島美幸(幼稚園から中学校まで益子の1年後輩)
との対談では、益子の意外なモテ話があったり、栃木弁まるだしのスタイルは
浅草キッドの玉袋筋太郎のアドバイスによることがわかったり。

2冊めは、『七割の憂鬱~松井秀喜とは何か』(村松友視、小学館)をあげま
す。村松さんの「松井ウォッチング」をまとめたものです。「七割の憂鬱」と
は、村松さんによると、安打が記録されない松井の七割の打撃内容(松井の打
率はおよそ三割)に、ほかの打者にはない味わいを感じる、と。松井ファンの
私にはけっこうわかる感じがします。松井の今シーズンには復活という変化を
期待できるでしょう。


----------------------------------------------------------------------
(第143号制作 編集部・梶原)
===================================

このページのトップへ