ホーム > お知らせ > 「企業と人材」2月号「新入社員に薦める1冊」でディズニー本が紹介されました

「企業と人材」2月号「新入社員に薦める1冊」でディズニー本が紹介されました

 

人と組織の力を高める人材開発情報誌

『企業と人材』

http://www.e-sanro.net/sri/books/kigyou_jinzai/

2月号の特集

「新入社員に薦めるこの1冊」

 

カバー

社会人として大切なことは

みんなディズニーランドで教わった

 

が紹介されました

 


 

仕事に対する意識も意欲も中途半端で適当なままディズニーランドで働き始めた高校生が、失敗や挫折を繰り返すなかでお客様や上司、同僚から大切なことを学んでいくストーリー。著者が自分の実際の経験から、働くことや仕事の意味を「教わる立場」で描いている。 「うまくやろうとするな。全力で一生懸命やれ」「ミーティングに評論家はいらない。必要なのは前向きに考えて行動できるチームだ」「勉強しても、実際にできなかったら役に立たない知識」などの言葉にある本質を噛みしめてほしい。そこから、自分の仕事の先には必ずお客様がいることや、そのお客様のために自分ができる精一杯のことは何かを考えることの大切さも、共感を持って理解できるだろう。  

『企業と人材』2011年2月号 52ページより


 

このページのトップへ

関連書籍

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

ディズニーランドが私にとっての学校だった

著者:香取 貴信
 
 

このページのトップへ