ホーム > お知らせ > 「記憶力世界チャンピオン」カールステン博士、2010大会前哨戦で世界記録を更新

「記憶力世界チャンピオン」カールステン博士、2010大会前哨戦で世界記録を更新

『記憶力世界チャンピオン・カールステン博士の 頭がよくなる勉強法』1036.pdfの著者、

グンター・カールステン博士(ドイツ)について、新しいお知らせをいただきました。

 

○「2010記憶力世界選手権大会」は、12月1日(水)~6日(月)に、中国で開催されます(競技は2日~6日)。当初、8月下旬に開催予定だった同大会。延期になったことで、カールステン博士の参加が危ぶまれたのですが、先日、ビザが下りて(取得して)中国での大会に行くとの連絡がありました。

 

○カールステン博士は2007年チャンピオンで、2008年・2009年を連覇したのがベン・プリッドモアさん(イギリス)。テレビ番組に出演したことで日本での著名度はいちばんかもしれません。

2010世界大会の前哨戦、「ドイツ記憶力選手権大会」が先週あり、カールステン博士は総合2位でしたが、「抽象画を覚える」種目で自身のもつ世界記録を更新しました。優勝は、2009年世界大会2位だったヨハネス・モローさん(ドイツ)。ベン・プリッドモアさんは5位。この大会では、5種目で世界記録が更新されたそうです。

前哨戦での連覇チャンピオンの落ち込み、記録更新ラッシュ、開催地元の中国人選手の動向、などなど、2010記憶力世界大会は大激戦が予想されます。

以上のことも含めて、くわしくは大会公式サイトをごらんください。

 

 

このページのトップへ