ホーム > お知らせ > 『にほんとにっぽん なにが違うの?』がJ-CASTモノウォッチで紹介されました

『にほんとにっぽん なにが違うの?』がJ-CASTモノウォッチで紹介されました

 

売れてるもの、売れそうなもの、おもしろいもの、気になるものを幅広くウォッチし紹介する

 

J-CASTモノウォッチ

http://www.j-cast.com/mono/

 

 

カバー

にほんとにっぽん なにが違うの?

~知っているようで実は違いがわからない日本語の雑学~

 

が紹介されました!

 


 

この違い、説明せよ。

「コラボとタイアップ」「領収書と領収証」

 

この本、飲み屋でちょっと知ったかぶって、いい気持ちになりたい人には特におすすめしたい。こう書房から2010年10月5日に発売された『にほんとにっぽん なにが違うの?―知っているようで実は違いがわからない日本語の雑学』(著・妹尾みのり)だ。書籍のタイトルは長ったらしいが、中身は極めて簡潔。我々、日本人が知っているようで、じつは知らない、似たような言葉・事象に関して、整然とその違いや現状を解説している。

たとえば、同書のタイトルにもなっている「にほん」と「にっぽん」の違いは何だろう?

著者は、日本という国号が使われ始めたころは、おそらく「にっぽん」と発音していたのではないかとし、どちらが正しいかは決まっていないと記す。また、2009年の閣議決定においても、両者とも広く通用しているため、どちらか一方に統一する必要はないと判断されている。

では、「整体」と「カイロプラクティック」の違いはどうだろう。著者の説明は、こうだ。整体は、東洋医学が基本にあり、体を全体的に見てマッサージや指圧などの手技を用いて治療するもの。これに対し、カイロプラクティックは、アメリカのD・D・パーマーが創始した西洋の技術で、治療は明確な理論に基づいた科学的なものだとした。

ほかにも、「ヲタクとマニア」や「社会保険と国民健康保険」「台風とハリケーンとサイクロン」「救出と救助」「コラボとタイアップ」「領収書と領収証」など、気になる似たもの同士をとりあげている。

単行本(ソフトカバー)、224ページ。定価1365円。

 

J-CASTモノウォッチ 2010/10/15 15:15

http://www.j-cast.com/mono/2010/10/15078027.html

 


 

本書の「巻頭特集」がまるまる読める立ち読み版PDFがあります

 

当社サイト: http://www.kou-shobo.co.jp/book/b68221.html

iPadzine: http://www.ipad-zine.com/b/649/

 

こちらもぜひご覧になってくださいね

 

 

このページのトップへ

関連書籍

にほんとにっぽん なにが違うの?

にほんとにっぽん なにが違うの?

なんとなく「わかったふり」して使ってる?

著者:妹尾 みのり
 
 

このページのトップへ