ホーム > お知らせ > こう書房ニュース 2010/06/15号

こう書房ニュース 2010/06/15号

 

 

◆こう書房ウェブサイト メンテナンスのお知らせ◆

こう書房ウェブサイトを置いてあるサーバのメンテナンスにより、7月8日(木)
午前0時~午前3人までのあいだ、サイトが閲覧できません。ご不便をおかけし
ますが、ご了承ください。

---< Contents >-------------------------------------------------------
■ 私物化傾向が甚だしい
■ 6月新刊 ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣
■ 6月新刊 マグロ船式会議ドリル
■ 5月の売行き良好書ベスト10
■ マグロ祭り
-------------------------------------------------------< Contents >---

■ 私物化傾向が甚だしい

こう書房twitter、ご覧いただいてますでしょうか?

このアカウント、いちおう当社の公式ですが、とくに「専任担当者」は置かず、
社員全員が好きな時にツイートしていいことになってるんです。でも、たまに
編集部Sがちょこちょこっと書いてくれるだけで、ほかの人は誰も書いてくれ
ません(涙)。

そんなわけで、ほとんど私(編集部i)の私物化状態です。とくに昼3時~4時頃
に行なわれる「地名アナグラムクイズ」(@jhc_worldさん提供)のときは「本」
に関したことをぜんぜんツイートしてません(いいのか、それで?)。

それでも合間合間で書籍の内容紹介や広告のお知らせや売れ筋報告その他など
など、思い出したように書いてますので、よろしかったらFollow us!

こう書房twitter
http://twitter.com/koushobo


======================================================================
■ 6月新刊 ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣
======================================================================

ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣
~そうか、こうすれば自信と誇りが持て、人に優しくなれるんだ!~

○著者:石坂秀己
○定価:1,470円(本体1,400円+税)
○書籍コード:ISBN978-4-7696-1029-8
○詳しい書籍情報:http://www.kou-shobo.co.jp/book/b61639.html

ディズニーランドって、笑顔であふれてますよね。
そりゃ「夢と魔法の王国」ですから、遊びに来たお客様はもちろん笑顔になり
ます。でも、ニコニコ笑っているお客様とおなじくらい、もしかしたらお客様
以上に、スタッフさんが笑顔だったりしませんか?

ディズニーランドといえども接客業のお客様商売。きっとスタッフさんたちの
お仕事も、楽しいばかりでない、ツライことやキツイこともあるはずです。
にもかかわらず「笑顔で楽しく働けてしまう」ところがディズニーランドのす
ごいところ。

でも、どうしてみんなニコニコと笑顔でいられるのでしょうか?
実は「心の持ち方」と「行動のしかた」に、ちょっとした秘密があるんです。
そんな「自分もみんなも笑顔になれる小さな魔法」のかけ方を、ディズニーラ
ンドでアトラクション責任者をしていた著者さんが教えてくれました。


◆前書き~序章までが無料でまるまる読める立ち読み版PDFあります!
http://www.kou-shobo.co.jp/news/n1051.html

◆新刊JPニュースでも紹介されました!
http://www.sinkan.jp/news/index_1188.html

◆でも6月14日現在、まだアマゾンにレビューがな~い(涙) 熱烈書き込み待望!
http://amzn.to/dqtmHd


======================================================================
■ 6月新刊 マグロ船式会議ドリル
======================================================================

マグロ船式会議ドリル
~活きのいい案がとれる!とれる!~

○著者:齊藤正明
○定価:1,470円(本体1,400円+税)
○書籍コード:ISBN978-4-7696-1030-4
○詳しい書籍情報: http://www.kou-shobo.co.jp/book/b62395.html

@niftyビジネスに連載中の大人気コラム、

★今日からなれるファシリテーター ~荒波を乗り越えるマグロ船会議術~★
★    http://business.nifty.com/articles/facilitation/

が書籍になった!

昨年のベストセラー『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』(毎
日コミュニケ-ションズ)著者の最新作です。

「意見がたくさん出て」かつ「参加者全員が納得するような結論を導く」こと
を目的に、かかわった会議が6500時間以上の著者さんが、実際に使って効果の
あった会議のやり方を、肩ひじ張らずに読めるストーリーのなかで伝えます!


◆6月9日(水)、日経新聞に大きな広告載りました!
http://www.kou-shobo.co.jp/files/ad/201006nikkei.jpg

◆twitterの公式アカウントあります!
http://twitter.com/kaigi_drill

◆『漁師戦隊ギョレンジャー』が映画化!?
http://twitter.com/kaigi_drill/status/15673386361
◆プレミア感のある?POPもつくりました!
http://twitpic.com/1uwtyo
◆@niftyビジネスにも専用ページあります!
http://business.nifty.com/kaigi_drill/

◆アマゾンのレビューも参考に!
http://amzn.to/aOBqoE


======================================================================
■ 5月の売行き良好書ベスト10
======================================================================

第1位 俺の感性が羅針盤だ!
(岡野雅行 定価1,470円)
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b61450.html
第2位 言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本
(工藤昌幸+松井寿夫 定価1,470円)
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b60049.html

第3位 一流芸能人がやっているウケる会話術
(難波義行 定価1,470円)
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24897.html

第4位 大当たりチラシのつくり方
(小野達郎 定価1,890円)
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b61637.html

第5位 TOEICテストこれ1冊で全パートをモノにする
(仲川浩世 定価1,995円)
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24814.html

第6位 完全熟睡マニュアル
(桜井直也 定価1,575円)
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b55149.html
第7位 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方
(水希 定価1,470円)
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b50712.html

第8位 学校の勉強だけではメシは食えない!
(岡野雅行 定価1,470円)
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24853.html

第9位 社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった
(香取貴信 定価1,260円)
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b24672.html

第10位 No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術
(あかね 定価1,470円)
http://www.kou-shobo.co.jp/book/b55150.html

======================================================================

■ マグロ祭り

今月新刊の『マグロ船式会議ドリル』は、ベストセラー著者の最新作だし、も
ともとの連載元である@niftyさんがいろいろと協力してくださってることもあ
り、こう書房としても全力でこの本を売ろうと気合が入ってます。ともかくマ
グロを売れー、マグロ!マグロ!!と、まるでどこぞの居酒屋のマグロ祭りかよ
って様相です。

ちなみにマグロにはクロマグロ、ミナミマグロ、メバチマグロ、ビンナガマグ
ロ、キハダマグロなど、いろいろな種類がありますが、自分がいちばん好きな
のはカジキマグロ、なかでもメカジキです! イタリアンとかで出されるメカ
ジキのグリル最高!

 

んでもカジキマグロって俗称で、実際はマグロの仲間じゃないんですって。あ
ららぁ~。


----------------------------------------------------------------------
(第157号制作 編集部・岩崎)

このページのトップへ