ホーム > サルでもわかる 図解する考え方

サルでもわかる 図解する考え方

こんがらがった頭の中はたった1枚の図でスッキリ整理できる

サルでもわかる 図解する考え方

イイタイコトを的確に伝え、複雑な問題をスッキリ整理して考えるための「省く・分ける・比べる・連ねる・たどる・埋める」図解思考

著者 佐藤 雄祐
ジャンル ビジネス書 > ビジネスノウハウ
ビジネス書 > 自己啓発
ビジネス書 > 能力開発
立ち読みPDFあります
出版年月日 2011/05/10
ISBN 9784769610496
判型・ページ数 4-6変・216ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 百聞は一見に如かず
第2章 理解と思考の補助線
第3章 まずは省くことから
第4章 分けてみよう
第5章 比べてみよう
第6章 連ねてみよう
第7章 たどってみよう
第8章 なんとか埋めてみよう
第9章 図にだまされないようにしよう
第10章 図の得意、不得意

このページのトップへ

内容説明

 

「はじめに」「第1章 百聞は一見に如かず」」「 第2章 理解と思考の補助線」がまるまる読める
立ち読み版PDFあります。

http://www.kou-shobo.co.jp/news/n2343.html


 

千の言葉より1枚の図がモノを言う!

 

人にイイタイコトを的確に伝えるために複雑な問題をスッキリ整理して考えるために「図解」は強力な武器になります。
省く・分ける・比べる・連ねる・たどる・埋める、「図解」をどう有効に使うか―の超入門書。


 

はじめに

 

世の中は「図解」でいっぱいです。

NHKのこどもニュースでお父さん役を長年務めた池上彰さんは、時事ニュースを子どもたちにも分かりやすく伝えることに腐心されていました。そのための方法のひとつが図解です。池上彰さんに代表される分かりやすいニュースの伝え方が現在は主流となり、新聞やテレビのニュースでも図を使って解説を加えることが当たり前となっています。

あまりにも普通のこととなってしまい、図解を使わなかった場合と比較して、どれだけ理解しやすくなっているかに気づかなくなっています。もし20年ぐらい前の新聞やニュースと比較できれば、違いは一目瞭然です。アナウンサーが正しい日本語で淡々と伝えるニュースも、言葉だけでは事実関係や背景までは理解できません。新聞紙上で、当時の小さな活字をたくさん使って説明したとしても、文字だけでは理解する限界がありました。それが図解のおかげで、視聴者も読者も、複雑な内容を理解しやすくなったのです。

世の中でたくさん目にする図解ですが、いざ自分自身が使おうとすると躊躇してしまいます。

たしかに、自らが図解を利用して相手に説明する機会は少なく、慣れていないということはあります。しかし、それ以上に、そもそも図をどのように使えばよいかを知らないことが、大きな障害となっています。

図を使って相手に伝えることを、私自身、どこでも習ったことがありません。三角形や四角形といった幾何図形の角度と面積。芸術としての絵。これらは学校で習ってきました。しかし図を使って的確にイイタイコトを伝える方法を、学校で学ぶことはありません。

人にイイタイコトを伝えるために、複雑な問題を考えるために、図解は強力な武器となります。しかし、使い方を知らないから使えない。せっかくの武器を使う機会を、みすみす逃してしまっているのです。あまりにも、もったいない。

そこで本書では、図解の入門編として、どのような場面で、どのような図を使っていけばよいのかにフォーカスします。きれいな図を描くことを求めません。目新しい図を開発することも求めません。普段さまざまな場面で目にする図解を、自分が使うためにどうすればよいかを意識することを重視します。そして普段の生活や仕事の中で、読者自身が図を強力な武器として使いこなすことを目指します。

 

このページのトップへ

関連書籍

言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本

言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本

もう「なにがいいたいの?」といわれない

 
結果を出す人の勉強法

結果を出す人の勉強法

勉強さえすれば成果がゼロでも満足ですか?

著者:水野 浩志
 
 
頭のキレる人になる 大喜利式・発想脳トレーニング

頭のキレる人になる 大喜利式・発想脳トレーニング

知っているから使える発想法へ変換します!

著者:吉岡 英幸
 
 

このページのトップへ