ホーム > 試験前たった1週間の早朝学習で5教科100点アップする勉強法

試験前たった1週間の早朝学習で5教科100点アップする勉強法

試験前たった1週間の早朝学習で5教科100点アップする勉強法

お母さん!! あなたのチョットした心づかいでお子さんの成績は見違えるほど上昇します!!

著者 岩田英証
ジャンル 一般書 > 教育
立ち読みPDFあります
出版年月日 2010/09/10
ISBN 9784769610359
判型・ページ数 4-6変・224ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに

第1章 早朝勉強はどのようにして始まったのか

● 僧侶が感じた朝の力
● 朝型から“究極の夜型”へ
● あなたの塾は生徒0人で何カ月持ちこたえられますか?
● 「成績が上がらなければ返金します」とブチ上げた大風呂敷
● “わかったつもり”を徹底して廃除
● “定着させる”ことを重視する指導とは
● 向上したいという気持ちは誰もが持っている
● 鉛筆のカツカツ音が醸し出す雰囲気
● 不良グループが早朝学習に参加した奇跡
● 朝のゴールデンタイム2倍活用で仕事のキャパも2倍に


第2章 早朝が勉強に適しているこれだけの理由

● 知識は寝ている間に整理される
● 記憶は意図的に構築できる
● 使わなければもったいない朝の脳
● 夜型社会にむしばまれる子供たち
● 朝はメールが来ない唯一の時間帯
● 朝30分の学習は夜の2時間に匹敵


第3章 成績アップだけじゃない! 思わぬ早朝学習の効果

● 朝90分を1週間続けることで5教科100点アップする
● 副産物[その①]学習を通じて親子の絆が生まれる
● 副産物[その②]無駄な時間を削ろうという気持ちが芽生える
● 副産物[その③]早寝になり“邪魔者”がさらに減る
● 副産物[その④]学校の授業が面白いように頭に入る
● 副産物[その⑤]1日の勉強が計画的に進められる
● 副産物[その⑥]表情がよくなり、前向きになれる


第4章 早朝学習はどう実施したらもっとも効果的か

● 私語は一切させてはいけない
● “メモリーチェックツール”をつくり、最初の10分に使用
● 朝イチの学習に向いていない内容
● 「もっとも大切なこと」からさせる
● 学習予定表を常に俯瞰する
● 時系列型計画表より、TODO型計画表
● 90分で2科目が目安
● 勉強机に向かうことを目的にしない
● 教えすぎてはいけない
● 努力を“見える化”し、達成感を持たせるツールをつくる
● 小学生にも早朝学習を


第5章 “メモリーチェックツール”と“塗りつぶし予定表”の作り方

● “まとめノート”はつくらないほうがよい
● “メモリーチェックツール”の3つの基本型
● 「英語」の“メモリーチェックツール”の作り方
● 「国語」の“メモリーチェックツール”の作り方
● 「理科」「社会」の“メモリーチェックツール”の作り方
● 「数学」の“メモリーチェックツール”の作り方
● “塗りつぶし予定表”の作り方と利用法
● 科目別・得点別“塗りつぶし予定表”
   目標50点の“塗りつぶし予定表”見本
   目標80点の“塗りつぶし予定表”見本
   目標100点の“塗りつぶし予定表”見本


第6章 子供と一緒に勉強するとき、親が気をつけること

● 子供のやる気を育てる基本原則
● 1週間、親がつきあうことは過保護ではない
● なぜするか、どういう力を身につけさせたいかを明確にしておく
● 寄り添う⇒励ます⇒実行させる⇒褒めるのサイクル
● お母さんも一緒に何かを勉強してみよう!
● 子供が「眠たい、起きられない」といってきたらどうするか?
● 親が伝えたい学習の基本原則
● 学習の[原理原則①]問題集は何度もできるまで
● 学習の[原理原則②]“教材カスタマイズ”でモチベーションは上げられる
● 学習の[原理原則③]入試に向けては“母艦”となる教材を持つ
● 学習の[原理原則④]教科書をフル活用する
● 学習の[原理原則⑤]できるようになったか「チェックする視点」を持たせる
● 学習の[原理原則⑥]英文暗唱は中学英語の基礎をつくる重要な行為


第7章 早朝学習は子供たちにどんな成長をもたらしたか

● Aくんのケース 反復練習で不安感は取り除ける
● Bさんのケース 基礎の反復の重要性を知る
● Cくんのケース 早朝学習をするとモチベーションを上げられる
● Dさんのケース 学内テストでの対策の仕方がわかった
● Eくんのケース 邪魔の入らない環境は苦手科目の克服にも効く
● Fくんのケース 前向きになり、力を出しきるようになる
● Gくんのケース 定期テストだけでなく偏差値が1年半で12上昇
● Hさんのケース 卒業後も自宅で自主的に早朝学習
● Iくんのケース 母親への感謝の念が強くなった
● Jさんのケース 限られた時間で何をすべきか考えられるようになった
● Kさんのケース テスト当日の朝にやった内容はほぼ正解となる

おわりに

このページのトップへ

内容説明

「はじめに」「目次」「第3章」が読める

立読み版PDF(無料)がダウンロードできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

立読み版PDF(無料)はここをクリック!

ダウンロードのためのダイアログが開きます。

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

はじめに


子供に早朝学習をさせると、学力が飛躍的に向上する。

これが試行錯誤の結果、たどり着いた結論です。

私は学習塾の経営者ですが、同時に僧侶でもあります。お寺の朝は早く、修行のときは暗いうちから起床し、本堂をぞうきんがけし、まさに一休さんのような生活を送っていました。そのなかで、朝に宿る不思議な力に気づきました。

静まりかえった本堂に張り詰める凛とした空気感

荘厳で、自己を見つめざるを得ないような雰囲気

この特別な時間、“朝”を有効に使えば、大人だけでなく子供にとっても飛躍的に能力を伸ばすことができる。そう確信するようになりました。

そして、学習塾を開業し、この方法を試してみました。

予想は的中しました。

参加した子供らが定期テストでどんどん良い点をとって帰ってくるのです。

90分の早朝学習を1週間するだけです。対象は定期テストのある中学生ですが、新しくこの勉強法を取り入れた子は、定期テストの点が5教科で100点近く向上するのです。

しかし、やっていくなかで気づきました。「向上するのは点数だけではない」と。
毎朝6時30分からの学習会に参加することによって、

● 学校の授業で意識を高めて聞くことができるようになった。
● 無駄な行動が減った。
● 家族の絆が強くなった。
● 計画的に学習できるようになった。


など、予期しなかった副産物もどんどん出てきたのです。

ここまでは予想していませんでした。これは会心でしたね。

細々と始めた学習塾ですが、おかげで塾の生徒数は一気に100人を超え、いまでは空席待ちの地元では有名な“行列のできる学習塾”となりました。

成績を上げたい
「ならばウチで早朝学習に参加してください」

と言いたいところなのですが、ウチの塾は1教室しかありませんし、近隣の方であっても申し訳ないのですが、キャンセル待ちですぐには入れない状態です。

そこで全国の皆さんに早朝学習の効果と、自宅でもできる早朝学習のやり方をお伝えするため、1冊の本にすることを決めました。

本書は主に中学生を対象として書かれていますが、小学生にも十分に応用が可能です。1人でも多くのお子さんにこの学習法を取り入れてもらい、お子様の能力向上、そして、ご家庭の幸せに寄与できれば幸いです。

 

 

 

このページのトップへ

関連書籍

試験前たった1週間の早朝学習で5教科100点アップする勉強法

試験前たった1週間の早朝学習で5教科100点アップする勉強法

学力が飛躍的に向上する早朝学習の奇跡!

著者:岩田英証
 
 

このページのトップへ