ホーム > マグロ船式会議ドリル

マグロ船式会議ドリル

活きのいい案がとれる!とれる!

目次

はじめに -会議で大事なことはマグロ船で学んだ

第1章 実りある会議にするための心構え
     参加者同士、応援し合おう/批評家は要らない/他人をコントロールしようと思わな
     い/強力と感謝の姿勢で/「正解」より「やる気」を導こう
     【ショートコラム マグロ船で教わった その1】
        「人の意見は、マンボウのように聞け!」

第2章 会議を円滑に進める基本を知る
     まず方針を決めてから進める/見える化して共有しながら進める/まずは案を出し
     つくす過程をつくる/迷った場合は潔く意思決定/議題は参照できるようにしておく
     【ショートコラム マグロ船で教わった その2】
        「会議では、いい意思決定をする必要はない!」

第3章 会議意を円滑に進行するためのテクニック
     失敗した相手への対応の仕方/検討事項がたくさんある場合の進め方/意見対立が
     起きた場合の収拾方法/参加者の本音を引き出すコツ
     【ショートコラム マグロ船で教わった その3】
        『暗い人』を『明るく』変えさせないマグロ船

第4章 会議に出没する困った人対策
     話が長い人への対処方法/批判ばかりする人への対処方法/話すペースが違う人へ
     の対処方法/話が脱線する人への対処方法/遅刻が多い人への対処方法
     【ショートコラム マグロ船で教わった その4】
        「議論の脱線も大事!」

第5章 会議のトラブルシューティング
     参加者に電話がかかってくる/さんざん話し合っても決められない/参加者が多い/
     役職者の適切な振る舞い/決定内容に抜けや漏れがある
     【ショートコラム マグロ船で教わった その5】
        「この本は、枕に使ってください」

第6章 日常業務でも使える会議術の応用テクニック
     相手の不得意な部分を発見したら/周囲に認められる人になるには/苦手な仕事との
     付き合い方/相手からのお誘いを上手に断る方法/多すぎる仕事を上手に断る方法

このページのトップへ

内容説明

1人では気づかないことがある。 だから、みんな会議する。

      会議で決まったことがなかなか実行できていない・・・
      今日も会議で帰りが遅くなった・・・
      いつも話しているのは同じ人ばかりで、同じ結論・・・

と言った会議の悩みは、誰もがかかえています。
さらには、「会議ってムダだなぁ」って思ってしまったり。

しかし、会議は、プロジェクトの今後、部署の今後、
大きく言えば会社の今後を決める重要なもの

本当は、無駄な会議なんて無いんです。
会議の方法と姿勢がズレているだけ。

研究者勤めの頃に会議中の議題から飛び火して、マグロ船に乗ることになった著者が、
マグロ船で気づいた大切なこと。
それを、会議の現場で生かしたら、大きな成果があがりました。

なぜなら、マグロ漁船の漁師たちは、
長期間、同じメンバーで、船と言う閉ざされた空間に生活しなければならず、
さらに漁の成果を上げないといけないという厳しい条件の中で、
自然と生じ、受け継がれてきた高度なコミュニケーション力を持っていたのです。

そのテクニックを、懐かしの3択ドリルとストーリで自然と身につくように解説しています。

と、小難しく紹介してきましたが、内容はいたってシンプル。裏テーマは、

中学生から読める!ファシリテーション入門書

架空の会社『でこぼこ水産』の社員となって、様々な会議の問題にぶち当たりながらも、
3択問題を解きながら、解決方法を身につけていく
エンターテイメント型ビジネス書
最後の章では、日常でも使えるマグロ船式コミュニケーション術も学べます。

この本で、あなたも会議マスター・名ファシリテーターに!

このページのトップへ

関連書籍

欲しい人材を逃さない採用の教科書

欲しい人材を逃さない採用の教科書

「企業を成長させるため」の人材採用

著者:中尾 ゆうすけ
 
 

このページのトップへ