ホーム > おいしい定年後の年金・保険・税金マニュアル

おいしい定年後の年金・保険・税金マニュアル 改訂第4版

年金受給・雇用保険・健康保険・医療保障・税金還付100のポイント

おいしい定年後の年金・保険・税金マニュアル

知っていたおかげで得をして、知らなかったために損をする。楽しく豊かな定年生活を応援する本。

著者 高木 隆司
ジャンル ビジネス書 > 税務・経理・法律 > 年金
ビジネス書 > 税務・経理・法律 > 税金
シリーズ おいしいマニュアル
出版年月日 2009/08/01
ISBN 9784769610083
判型・ページ数 4-6変・232ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 絶版
 

目次

おいしい年金(1)   「知らなかった」で損をしないために
おいしい年金(2)   請求手続きをドジって泣きを見るな
おいしい年金(3)   再就職・年金・雇用保険のおいしい組み合わせ
おいしい年金(4)   オンナと年金の深~い関係
おいしい雇用保険(1) 失業給付の得するもらい方
おいしい雇用保険(2) ハローワークさん、ハロー
おいしい雇用保険(3) 再就職後の継続給付金の得するもらい方
おいしい健康保険   退職後の医療保険の得する選び方
おいしい医療保障など めいっぱい使わないと損!
おいしい税金(1)   退職した年には気をつけろ
おいしい税金(2)   いつもニコニコ確定申告

このページのトップへ

内容説明

* 本書に記載されている内容は、原稿執筆時点での情報です。おおまかには、商品の印刷日(奥付に記載の「発行日」)のおよそ1か月前(およびそれ以前)の時点までの情報となっています。印刷後の状況変化等により、お客様が商品を購入した現時点での事実と商品記載内容が違ってしまうこともあります。お買い求めの際には発行日(上記「出版年月日」および下部関連記事の「増刷履歴」を参照)にご注意ください。 


 

2011年9月新刊として本書の改訂第5版を発行予定です。

http://www.kou-shobo.co.jp/book/b92696.html

改訂第5版発行にともない、本書(改訂第4版)は絶版となります。

 


 

一所懸命に働いてきて、ついに定年。
これまでがんばってきたアナタには、年金・保険といったご褒美が待っている。
でも、このご褒美を最大限にもらうには、ほんのちょっとの知識が必要。
もらえるお金はすべてもらう。
もっとも効率のいい組み合わせでもらう。
ムダなお金は払わない――、
これが、楽しく豊かな定年生活を送る基本。
おいしい定年生活に必要な年金・保険・税金のポイントをまとめた、
とってもお得なマニュアル本!

 


 

■ 少子高齢化の影響で、社会保険は給付削減・負担増!

 

年金や健康保険などの給付は、加入者が負担する保険料によってまかなわれています。少子高齢化によって、給付の多くを占める高齢者が増加し、逆に加入者が減っていくなか、社会保険は給付削減・負担増という改革が行なわれています。

たとえば、年金についていえば、60代前半の老齢厚生年金の支給開始年齢が引き上げられつつあり、以前のように60歳から悠々と年金生活など知うのは夢の話です。また、前回の年金改正によって、今後は保険料が段階的に引き上げられ、給付水準が徐々に引き下げられることになっています。

雇用保険の失業給付についても、定年退職者に対する基本手当は、以前は最高で300日受けられたものが、いまは半分の150日しか受けられません。

さらに、医療保険制度については、70歳以上の自己負担割合の引き上げや、75歳以上を対象とする保険料負担を伴う後期高齢者医療制度の創設など、とくに高齢者をターゲットとした改革が続いています。

定年を迎える人にとっては、難しい時代になってきたといわざるをえません。

 

■ 年金・保険・税金の得する最新情報100のポイント


年金や雇用保険、健康保険、税金といった制度は本来、すべての人に公平につくられていて、損得などないはずです。

ところが、制度をよく知らなかったために、受給できるはずのものを、みすみす取り逃してしまったり、しなくてもいい負担をすることがあります。逆に、ちょっとしたコツを知っていたおかげで、より有利な給付を受けられることもあります。

つまり、現実には損得がありうるのです。

本書は、定年を迎えるサラリーマンとその奥さんを対象に、「年金・雇用保険・健康保険・税金」について、得するポイントをわかりやすく解説しています。

1999年にオリジナル版の初版が発行された本書は、増刷や改訂の都度、最新情報を取り入れて、ロングセラーを続けています。

定年後の生活は、けっして余生ではありません。 あなたが営々として築き上げてきた、輝かしい人生の収穫期です。その入り口でつまらないミスをしてつまづかないよう、本書をおおいに役立ててください。

 

このページのトップへ