ホーム > 仕事もお金も情報もみんな「人」からやってくる!

仕事もお金も情報もみんな「人」からやってくる!

普通のサラリーマンが、経営者・出資者・ビジネスパートナーと知り合う方法

仕事もお金も情報もみんな「人」からやってくる!

主催したビジネス交流会で数万人の参加者を見てきて気づいた人脈ができる人の考え方や行動のしかたを一挙に公開します!

著者 諏訪 功
ジャンル ビジネス書 > コミュニケーション
ビジネス書 > ビジネスノウハウ > 仕事術
出版年月日 2009/07/10
ISBN 9784769610076
判型・ページ数 4-6変・224ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 人脈が成功の9割を呼ぶ
第2章 人脈ができる人には共通点があった
第3章 「人との出会い」がすべての始まり
第4章 知っておきたい交流会での小技とタブー
第5章 新しい人脈をビジネスに昇華させる
第6章 継続する本当の人脈へ

このページのトップへ

内容説明


はじめに

いまも昔も、有益な情報をはじめ、仕事やお金、地位や名誉まで、そのすべてを与えてくれるのは「人」なのです。
人気お笑いコンビでも、大ブレイクしているバンドでも、それぞれのメンバー同士が組んだことでいまの成功があるように、それぞれの成功の源は当人同士の「つながり」にあることは皆さんおわかりでしょう。
このように、すべては「人」からやってくるのです。
それはわかってるけど、でも実際にはどうすればいいのさ? そう思うかもしれません。その「実際の方法をお教えする」のが本書の目的なのです。
ところで「異業種交流会」って知っていますか? もしくは参加したことはありますか? 異業種交流会とは、主にビジネスパーソンが自分のビジネスに役立つ人脈を見つけるために、1人でも多くの人と出会うことを目的とした会合です。
私はその「異業種交流会」を主催しています。
2001年から開催を開始し、いまでは全国10ヶ所以上、年間150回以上の異業種交流会を開催、参加人数は年間延べ5000名を超え、僭越ながら「日本最大級の異業種交流会」などと言ってもらえるようになりました。
この全国規模となった異業種交流会ネットワークを立ち上げ、拡大し、運営・管理を一手に行なってきた、人呼んで「異業種交流会のプロフェッショナル」です。
異業種交流会とは、もちろん「人脈を作るための場」です。
私自身、交流会を開始して以来、それはそれは半端ではない人数(数千人ほどでしょうか)の「人脈を作るための努力をしている人たち」とお会いしてきました。
そんななか、交流会で出会った人たちとお付き合いしているうちに、効率的に人脈を作り確実に成功につなげている人と、人脈作りに奔走しているものの一向に人脈ができず成長も成功もできていない人がいることに気がつきました。
この両者の違いは何だろうか?
人脈ができる人は、失礼ながら「すごい人」でも、「超一流」のビジネスマンというわけでもありません。人脈を作るために特別なことをやっているわけでも、ましてや、もともと特別な能力を持っているということでもありません。
「普通の人が、普通のことをやっている」だけなのです。
それなのに、なぜ違いが出るのだろう…?
このような疑問を抱きつつも、交流会の主催を続けているうちに、膨大な量の「人の出会いの現場」にいることで、やがて人脈ができる人とできない人の差や、人脈ができる人の手法や考え方や意識などがわかるようになりました。
答えは簡単でした。
普段から人脈作りを意識していない人にとって、人脈作りにおける「普通のこと」や「ちょっとしたコツ」がわかっていない、もしくは気が付いていないのだということです。
この事実に気が付いたとき、異業種交流会という「人脈作りの場」を提供しているものとして、「普通の人が効率よく価値ある人脈を作る方法」をお伝えする役目がある、いえ、使命ですらあると思い、この本を書く決心をしました。
この本では「人脈作りの最前線」「人脈作りの現場」に立ち続けて得た「生の情報」からの知識、経験、実例に基づき、他のどの本よりも「現場目線」での「人脈作りの具体的な方法」を書くことを心掛けています。
当然、難しいことは書いていません。
実現不可能なことを書いているつもりもありません。
本に書いたことをそのまま実践してもらえればよいような内容にしたつもりです。
この本を通じて、1つでも多くの出会いが生まれ、1人でも多くの人が良い人脈を作り、ビジネスや人生の成功へつなげられることを強く強く願っております。

このページのトップへ