ホーム > すべらない雑談のルール

すべらない雑談のルール

たった3秒で心をつかむ魔法のテクニック

すべらない雑談のルール

「SOS」話法、「ど」付き質問、「三点提示法」など、雑談と世間話にまつわるルールをカリスマ講師が大公開します。

著者 箱田 忠昭
ジャンル ビジネス書 > コミュニケーション
出版年月日 2008/10/01
ISBN 9784769609872
判型・ページ数 B6・204ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 その雑談が糸口なって「コミュニケーション」は始まる!

第2章 雑談にもルールがある

第3章 いい人間関係の9割は雑談で決まる

第4章 雑談上手になる前に、「聞き上手」たれ!

第5章 困った時の【箱田式】話し方、切り抜け方

第6章 雑談力を10倍鍛える【箱田式】実践テクニック

このページのトップへ

内容説明

●プロローグ……人生、能力以上に大切なこと

~前略~

「雑談なんてただの時間つぶしの無駄話じゃないか」「本論に入る前のほんの前置きにしかすぎない」と、考える人もいるかもしれません。しかし、雑談はたんなる無駄話などでは決してありません。相手とのコミュニケーションをとる最大の“武器”なのです。

人はいつ、どんな所で、どういう人に出会うか分かりません。それによって、人生が大きく左右されてしまうのも事実です。たとえば私は、かつてバルファン・イヴ・サンローランの日本支社長として活躍していましたが、そのきっかけになったのも、ある人物と知り合ったからで、その人が私を認めてくれたからでした。ある時、一人の女性が好きになりました。一目惚れです。もう夢中で、ともかく猛チャレンジをかけました。思いつくことなら何でもやりました。そうした熱意が、相手に伝わったのでしょう。やがて好意を抱いてくれるようになり結婚にまでこぎつけました。

考えてみれば、社長というサラリーマン社会のトップの座に座ることができたのも、憧れの女性のハートを射止めて結婚することができたのも、すべては最終的には、相手の判断=感情ひとつにかかっていたのです。相手に好きになってもらい、そのためには相手と親しくなり、自分という存在を認めてもらい、評価してもらわなければなりません。

詳しくは第1章で述べますが、こんなことがありました。ある時、車を購入することになり、候補として挙げた二社から営業マンに来てもらい、説明を聞くことにしました。最初に訪れたのはAさんで、さっそく詳しく、ていねいに説明を始めました。さすがベテランだな、と感心しました。しかし、次に訪れたBさんの営業方法はまるで違うものでした。ともかく家や家内のことを褒めることに徹し、まず顧客と親しくなろうと努めたのです。営業能力ということでは、むしろAさんの方が上でしたが、結果はBさんから車を買うことになったのです。

決め手になったのは、Bさんの相手を喜ばそう、親しくなろうと雑談に徹し、一種の高度な“ごますり作戦”でした。つまり、人の心の機微をつかむことに長けていたからで、成功者の9割はこうした“世渡り術”を身に付けているのです。

そのコミュニケーション手段の最初の一歩が、「雑談」なのです。雑談を通してまず相手の気持ちをぐさっとつかみ、自分の気持ちを伝える。つまり、「雑談をする力」を鍛えることで、あなたの明日からの人生、運命はまるで変わってくるということなのです。その秘訣を、本書で余すことなくお教えしましょう。



●「第3章 いい人間関係の9割は雑談で決まる」より

■32 褒めること、それには4つのルールがある■

相手を褒めれば自分も褒められる。逆にけなせば、自分もけなされる。先に人間関係というのは「鏡と同じだ」と言いました。チャルディーニはこれを「返報性の原理」と呼んでいます。つまり、自分の感情は、相手という「鏡」に反射して同じように返ってくるということです。

相手が何かをしてくれたら、お返しをしないといけない、好意を示してくれたら、何とかそれに応えなくてはならない、という気持ちになってしまう、というものです。だからこそ、相手に好かれようと思ったら、自分の方から進んでどんどん好意を示す必要が出てくるのです。こうして、良好な関係を作っておいてから雑談を進めていく、ということが大切なテクニックの一つです。

相手に好意を示す、その方法として最も有効なのが、何度も述べていますが、相手を褒めるということです。この褒め方にもいくつかのポイントがあります。次の4つの大きな基本ルールを覚えて、使ってください。

1 まず褒める。2 褒めた理由を説明する。3 答えやすい質問をする。4 もう一度別の角度から褒めて質問する。--この4つのポイントを押さえて褒めれば、相手に喜ばれ、好かれます。

では、具体的にどのようにすればいいのか、次に述べていきましょう。

このページのトップへ

関連書籍

男と女のモテ会話術

男と女のモテ会話術

微妙な距離を一気に縮める会話テク

著者:長住 哲雄
 
人生を変えるアタマの引き出しの増やし方

人生を変えるアタマの引き出しの増やし方

コミュ不全の残念な大人になりたくないなら

著者:佐藤 けんいち
 
 
一流芸能人がやっているウケる会話術

一流芸能人がやっているウケる会話術

「楽しい会話」を演出する技術、教えます!

著者:難波 義行
 
言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本

言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本

もう「なにがいいたいの?」といわれない

 
 

このページのトップへ