ホーム > 慶應大生が書いたこれ以上やさしく書けない金融の教科書

慶應大生が書いたこれ以上やさしく書けない金融の教科書

教授!これがわからなければ負け組ってホントですか!?

慶應大生が書いたこれ以上やさしく書けない金融の教科書

会社から、市場からなど6つの視点からストーリー形式で書き下ろす。仙人教授&大学生3人組と一緒に金融のイロハを勉強しよう!

著者 慶應義塾大学金融研究会p.c.s
ジャンル ビジネス書 > 金融・経済・社会
ビジネス書 > 金融・経済・社会 > 
ビジネス書 > 金融・経済・社会 > 経済
ビジネス書 > 金融・経済・社会 > 貿易
キャリア別おすすめ > これからの社会を担う若い方へ
立ち読みPDFあります
出版年月日 2008/06/01
ISBN 9784769609759
判型・ページ数 B6・224ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに

第1章
光のオヤジの会社がなくなっちゃう!?
会社から見た金融 ①

M&Aってなんの略?
 ・オヤジ、荒れる!
 ・翌日、大学で
 ・教授、登場!

M&Aをするのはなんのため?
 ・大きいことは、いいことだ
 ・オレの弱点は、オマエがカバー
 ・アレがだめでも、コレがある
 ・あるなら、買っちゃえ
 ・1+1=3とか4とか

第2章
まさみのオヤジが白馬の騎士ってホント!?
会社から見た金融 ②

実際のM&Aにはどんな方法があるの?
 ・どうやって、オヤジの会社を…
 ・交換、移転、取得の3つね
 ・全部じゃなくてもOK

TOB、LBO、MBOって何?
 ・1週間後…
 ・さぁTOBだ、売ってくれ
 ・LBOとMBO
 ・MBOしとけば安心

敵対的買収ってどうやって防ぐの?
 ・中澤さんに助けてもらったぜ
 ・なんて面白いネーミング

会社の価値ってどうやって計るの?
 ・会社のお値段
 ・授業が終わって

第3章
株で邦彦は大儲け、教授は大損!?
市場から見た金融

株式市場って何?
 ・大学の教室で
 ・株をやるなら、心理学も必要?
 ・株価は、どうやって決まる?
 ・株って、どこで買えるんだ?
 ・日経平均株価とTOPIX

1ドル=○○円って誰が決めるの?
 ・学食で、為替の話
 ・為替レートも需要と供給で
 ・ビッグマックが1単位!ってか

第4章
まさみって、お嬢様だったんだぁ!?
法から見た金融

株主ってどんな存在なの?
 ・最近の株主は、おしゃべり?
 ・『ハゲタカ』ってのも、スゲーな

株主総会ってどんな仕組みなの?
 ・株主は最強!だな
 ・いいなぁ、そんな株主総会

新会社法って何が「新」なの?
 ・ベ、ベンツで送り迎えええぇ!?
 ・今日の授業は、新会社法
 ・時代にあった、新しい法律

コーポレートガバナンスって何?
 ・すべての人が、Win-Winな経営
 ・当たり前のことなのに…
 ・日本のSOX…足袋?
 ・不公正には、厳罰じゃ!

第5章
邦彦が買ってた株が大暴落!?
会計から見た金融

株を買う前に!
 ・邦彦、ショォーック!
 ・会社の成績表・財務諸表

会社の懐具合と業績を知ろう!
 ・家計でいえば、財産と年収

会社の財布の中身 ~貸借対照表~
 ・資産と負債、固定と流動

会社の通知表 ~損益計算書~
 ・利益の種類はたくさん

会社のお小遣い帳 ~キャッシュフロー計算書~
 ・ラーメン屋にて
 ・費用には2種類ある!

第6章
光の将来の夢は起業だって!?
金融機関から見た金融

銀行の地下には巨大な金庫がある!?
 ・今日はオレのおごりだぜ!
 ・あれもこれも金融業界

メガバンクって強そうな名前だけど
 ・東京駅にやってきた

信託銀行って普通の銀行と何が違うの?
 ・手数料が収入源

証券会社って株式を売買してるだけ?
 ・兜町にやってきた

金融業界の黒船投資銀行!?
 ・M&Aにかかせない投資銀行

そのとき金融の歴史は動いた!
 ・お迎えはロールス・ロイス!?
 ・日本にビッグバンが起こる
 ・投資のススメ

第7章
まさみの気持ちもダイヤで動くか!?
国から見た金融

日銀のATMってどこにある?
 ・日銀が持つ3つの顔
 ・まるで、ヒーローだな!
 ・目的は、安定させること
 ・政府の介入は受けない

ゼロ金利政策のゼロって何?
 ・金融機関同士の貸し借り
 ・モノが安けりゃ助かるんだけど

次なる一手 量的緩和!
 ・目標は、金利から量へ
 ・量の調節って、どうやるの?

エピローグ
 ・3人の将来は? そして仙人教授は?

このページのトップへ

内容説明

『これ以上やさしく書けない金融の教科書』

立読み版無料PDF配布中!

立読み版無料PDFダウンロードはここをクリック!

ダウンロードのためのダイアログが開きます。

(設定によっては直接PDFファイルが開きます)

「はじめに」「もくじ」「第1章 光のオヤジの会社がなくなっちゃう!?」

がご覧いただけます。

 

----------------------------------------

 

はじめに

ベンジャミン・フランクリンの言葉に「知識への投資には、常に最高の利息がついてくる」というものがあります。

テレビや新聞で、日本人は金融知識が乏しいと言われています。たしかに、欧米に比べると、金融教育も十分とは言えない環境かもしれません。

たとえば、筆者が学習塾でアルバイトをしていたころ、授業中にお小遣いの話をしたことがありました。ところが、クラスの半分以上の生徒がお小遣いをもらっていない、という事実を知り、少々驚かされました。

子どもが限られたお小遣いをやりくりするというのは、最初の金融教育であると言えるのではないでしょうか。もちろん、お小遣いを与えないことが悪いと言っているわけではありませんが、家庭でお金の話をすることは日本では敬遠されがちです。

一方、世の中はめまぐるしく変化しており、金融・経済の知識なくしては、日々のニュースや新聞を理解することが難しいのも事実です。

記憶に新しいところでは、ライブドアや村上ファンドの事件などでは、いままで聞いたことのないような金融用語がテレビや紙面を飛び交い、皮肉にも多くの人が金融の世界に興味を持つきっかけになったのではないでしょうか。

そこで、私たちは、「金融についてちょっと知りたい」という関心と、「金融って難しそう」という先入観のギャップに注目し、このギャップを埋められるような金融入門書を世に出したいと考えました。

しかし、金融に関する書物は、本屋に行けば無数に並んでおり、加えて専門家の方々がお書きになった本は内容も充実しています。よって、本を執筆するにあたり、「大学生が書くからこそ差別化できる点はないか」と考えました。

そこで私たちは、以下の3点のオリジナリティを付与することにたどり着きました。

① 多くの人が金融を勉強し始めたころに疑問に感じ、興味を持つようなテーマを中心に据えたこと。

② 世の中のトレンドを重視して、広く浅く、話題となったテーマを取り上げたこと。

③ ユーモラスなキャラクターとストーリー設定を通じて、エンターテイメント性を付与させ、楽しみながら読めるようにしたこと。

おそらく、いままでの金融の参考書にはない「わかりやすさ」「読みやすさ」「面白さ」がこの本にはあると思います。

冒頭で申し上げたように、この本で得た「知識」は「最高の利息」がついて、読者の方に必ず返ってくると確信しています。

 

☆紙面サンプル

 

 

 

 

このページのトップへ

関連書籍

投信・個人年金セールス実践マニュアル

投信・個人年金セールス実践マニュアル

トップセールスが実践している成功ノウハウ

著者:稲田 英助
 
 

このページのトップへ