ホーム > 新TOEICテストこれ1冊で600点突破リーディング問題集

新TOEICテストこれ1冊で600点突破リーディング問題集

新TOEICテストこれ1冊で600点突破リーディング問題集

新TOEICテストのリーディングセクションに完全対応! 充実の問題数と納得のピンポイント解説で確実にスコア600をゲット!

著者 田口 悦男
ジャンル ビジネス書 > 就職・転職 > 資格
言葉・語学 > TOEIC
シリーズ TOEIC
出版年月日 2008/03/01
ISBN 9784769609667
判型・ページ数 B6・224ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

第1章 Part5 短文穴埋め問題 Incomplete Sentences

第2章 Part6 長文穴埋め問題 Text Completion

第3章 Part7 読解問題 Reading Comprehension

このページのトップへ

内容説明

●はじめに


TOEICは“Test of English for International Communication”の略称で、英語によるコミュニケーション能力を測る世界標準の資格試験です。世界60ヶ国で、年間450万人が受験します。日本国内だけで、150万人を超える受験者があります。大学、専門学校の学生や社会人が主な受験者であり、いまや就職対策には欠かすことのできない英語資格試験となりました。

その理由としては、TOEICは評価基準が一定で、きわめて信頼性が高いことが挙げられます。つまり、実力が変わらなければどの問題を受けても点数はほとんど変わらないのです。このため、世界各国の企業や学校などで幅広く活用されています。企業では自己啓発、英語研修の効果測定、海外出張者の選考基準、昇進の要件などに、また、大学・短大では就職支援、単位認定、推薦入試などに活用されています。

TOEICの問題の特徴はその分量の多さです。2時間の時間内にリスニング100問、リーディング100問の計200問に解答しなければなりません。また、日本人が弱いとされるリスニング問題が大きな配分を占めています。したがって、日本語を介さずに、英文のまま呼んだり、聞いたりして理解することが要求されます。しかも、解答にかなりの迅速さが求められるのです。

TOEICの一般的な対策としては英語をよく吸収することが必要です。普段から英字新聞、雑誌、広告などをよく読み、テレビ、ラジオ、そしてCDつき雑誌などを利用してリスニングを行わなければなりません。また、同時に、TOEICの出題形式や傾向にも慣れておく必要があります。本書は、TOEICのリーディングセクションの対策を狙いとしてあります。

具体的には、出題形式を分析し、解法のポイントを押さえることができる問題を数多く用意しました。本書を利用して自然に問題解法のコツをつかむことができるようになっております。

~後略~ 



●「第1章 Part5 短文穴埋め問題 Incomplete Sentences」より

■短文穴埋め問題のキーポイント■

文法・語彙問題では、文法項目や語彙の運用能力を試すために多様な問題が出題されます。従って、語彙にかかわる問題と文法にかかわる問題を区別して、それぞれについて対策を立てる必要があります。

語彙については、品詞の違いや基本的な動詞や形容詞、副詞などの使い方をおさえましょう。例えば、decide はdecide to do の文型で使われることなどを簡単な文例で覚えましょう。

ex. My wife decided to become a doctor.(妻は医者になることにした)

文法については重要な項目である時制、不定詞、動名詞、分詞、関係詞、分詞構文などを押さえておく必要があります。

いずれにしても、この問題集を解いて、自分の解けなかった問題に使われている文法項目を系統立てて復習し、整理しておきましょう。例えば、関係代名詞の問題で正しい関係代名詞が入れられなければ、あなたの関係代名詞の理解は十分ではないのです。自分は関係代名詞のどこがわかり、どこがわからないのかを意識しながら、理解の曖昧な部分のみをしっかりと文法書を読み返して復習しておきましょう。

このページのトップへ