ホーム > 鏡の魔法で自分まるごと好きになる

目次

第1章 愛され能力を全開にしよう!

第2章 「イメトレ」ってどうやるの?

第3章 朝から自分を好きになる

第4章 通勤・通学時間で自分を磨く

第5章 仕事をもっと好きになる

第6章 アフターシックスを楽しもう

第7章 夜のくつろぎを好きになる

第8章 週末は、私のためにある

第9章 鏡と“らくくるイメトレ”

第10章 愛され美人で幸せになる!

このページのトップへ

内容説明

本文内容を耳で楽しめるオーディオブック版(パンローリング制作)のサンプルです。

 

http://www.youtube.com/watch?v=qIJ-hN8Xin0

 


 

●はじめに

自分が好意を寄せている人から、「大好き!」って言われたら、すごくうれしいと思いませんか? 家族や友達から笑顔を見せられたら、感謝されたら。落ち込んでいるときに、思いやりのある言葉やさりげな~い気づかいを示されたら。それだけでシアワセになれると思いませんか。



はじめまして。ボディコーディネーターのさかもとはるゆきです。身体の不調や美容上のお悩み、ストレスや心の問題、目標達成についてまで、さまざまなお悩みを持ったクライアントさんのサポートをするのが私のお仕事です。ワークルームで、多くのクライアントさんを見ていて気付いたことがあります。それは、いかに多くの人が自分の身体の持っている能力を生かしていないかっていうこと。

たとえば…。頭痛、肩こり、腰痛が慢性的、あるいは冷え性や生理痛に常に悩まされている、なんて女性の方が本当に多いんです。これってもともと身体が持っているはずの自己治癒力を使えていないってこと。健康になる力と同様に、女性はもともと「愛され能力」を持っています。もし「最近、愛されているって実感、あんまりないなぁ」としたら、それって、本来持っている「愛され能力」を使ってないってこと、なのです。

この本のテーマは、女性のみなさんに身心ともに健康的で人を惹きつける魅力たっぷりの人になって、もっともっとシアワセになっていただくこと。日常のあらゆるシチュエーションで使えるイメージを使った簡単なエクササイズ(=らくな心と身体をつくるイメージトレーニング、略して“らくくるイメトレ”)で身体の感受性を高めて「愛され美人」になる方法をお伝えします。

自分のことをもっともっと好きになって、「なりたい自分」へと続くステップを実践したい方は、ぜひ、次のページをめくってください。



●「第3章 朝から自分を好きになる」より

■自分に優しく起き上がる!! イメトレ■

ベッドから起きるという行動は、毎日1回は必ずやっている作業。でも、それについて意識を向けることはほとんどありません。せっかくの1日の始まり、自分に優しく起き上がってみましょう。それだけで、その日1日を自分に優しく接することができるのです。

~もしも、自分が操り人形だったとしたら?~

ベッドに寝たまま、全身のパーツがカシャカシャと動いている。そのうちに、糸で引かれて膝がス~っと上に。続いてもう一方の膝も上がって、両膝を立てた姿勢に。膝がグラングランと揺れて一方に倒れていきます。身体もそれにつれて、横寝の姿勢になりました。

続いて、腰から順々に背中、胸、肩、首、頭と糸でゆっくり上に引かれて、ベッドに腰掛けます。膝はベッドの端から、ブラーンとぶら下がる。糸が支えてくれているから、頑張らなくてもなぜかいい姿勢。膝や足首も、柔らかです。

このページのトップへ

関連書籍

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本

「仕返しごっこ」をやめれば心を乱されない

著者:石原 加受子
 
お客様が不思議とファンに変わる!女子脳営業術

お客様が不思議とファンに変わる!女子脳営業術

販売とは、お客様と思いを分かちあうこと。

著者:舛岡 美寿子
 
 
寝るだけ美人!上手な眠りがキレイをつくる

寝るだけ美人!上手な眠りがキレイをつくる

「自然治癒力」を最大限に活性化する眠り方

著者:梶村 尚史
 
「わがまま」が幸せを引き寄せる

「わがまま」が幸せを引き寄せる

もっと「あなたらしさ」に気づきましょう

著者:高野 藤衣
 
 
50歳までの賞味期限をのばす40の習慣

50歳までの賞味期限をのばす40の習慣

女性の潤い、美、健康を保つライフスタイル

著者:白澤 卓二
 
働く人のアートらくがき帳

働く人のアートらくがき帳

思うまま感じるままに描けば気分スッキリ!

著者:今井 真理
 
 
一瞬でやる気のスイッチを入れるアクションブレーク術
 
不安な気持ち・いやな気分がラクになる本

不安な気持ち・いやな気分がラクになる本

これでもう不安に振り回されずにすむ

著者:伊藤 敦子
 
 

このページのトップへ