ホーム > デリヘルの経済学

デリヘルの経済学

デリヘルの経済学
 

目次

第1章 デリへルがなぜビジネスとして面白いか~先端のマーケティングと究極のサービス業が絡み合うユニークなビジネス

第2章 デリヘルって何するところ?~性癖の数ほど業態が細分化する、世界にも類を見ない独特のビジネス

第3章 デリヘルが儲かるしくみ~そのビジネス戦略とは

第4章 デリヘルウェブ進化論~勝負の鍵はウェブマーケティングにあり

第5章 デリヘルの接客術~究極のサービス業のテクニックを公開しよう

第6章 これからのデリヘル及び新業態のヒント~すべての商売に応用できる禁断の風俗的マーケティングとは

このページのトップへ

内容説明

●はじめに~男をとりこに、そして中毒にする甘くて危険なデリヘルの世界へようこそ

「飲む」「打つ」「買う」は男の3大欲望と言われます。「飲む」は酒、「打つ」はギャンブル、そして「買う」は女性。これらに共通することは何か。それは、男をとりこにする中毒性の高い、甘美で危険なものと言えるでしょう。ときにはそれは魅惑的で快楽を与え男を夢中にし、そして一方で、その麻薬に酔いしれた結果、人生を破滅に追い込むことさえあるもの…。

事実、これら欲望産業の国内年間市場規模をみると、お酒…6兆円弱/パチンコ…29兆4860億円/競馬…3兆3280億円/宝くじ…1兆700億円/競艇…9800億円/ソープランド…9819億円/キャバクラ…9900億円(『レジャー白書』その他参照)。

なんとこれだけの巨額のマネーが日々、男の財布から費消、散財されています。日本経済が低迷したところで、男の欲望が消滅することはなく、それを満たすサービスを提供する産業は永遠になくなり続けないものとして存在します。

ところで、男の3大欲望のうちの「買う」は、いわゆる、風俗産業として発展してきました。風俗産業は、人間の根源的な欲求である性欲という本能に根ざした欲望産業であり、常に安定した需要があります。また、日本の風俗産業は、それだけに甘えることなく、時代ごとに男の細分化された性欲・フェチズムに応じるべく、次々と新しい業態・サービスを生み出してきた革新的な業界ともいえます。

本著では、風俗産業の中でも、1999年の風営法改正により誕生した新しい業種であるデリバリーヘルス(以下、デリへル)を題材にして、まずはなかなか表に出てこない、究極のマーケティングノウハウを特別に公開し解説します。そして、それを通じて、あなたの知的(痴的?)好奇心をビンビン刺激するとともに、他のビジネスやお仕事にも応用できるヒントを提供することを目的とします。

デリヘルは、誕生してわずか10年未満で市場規模が2・4兆円まで拡大した(ソープランドやキャバクラの2倍以上!)、風俗産業の中で最も成長している新しい業種です。

欲望産業の提供する甘美なサービスに対して、「継続的にお金を払い続ける側」だったあなたが、ものごころついた時から現在に至るまで散財し続けてたお金は、いったい合計いくらになるでしょうか? そして、これからもいくら払い続けることでしょうか? 本著では、「継続的にお金を受け取り続ける側」の舞台裏に私がガイドします。そして、あなたの本能を刺激し、感情を揺さぶり誘引する、究極の仕掛けや最新のマーケティングノウハウを惜しみなく公開します。

本著を読み終えたとき、それが目からウロコの連続であり、このビジネスから学ぶべきことがいかに多いかがわかることでしょう。魅惑のデリヘルの舞台裏の世界へようこそ。それでは、いざプレイの開始といきましょう。



●「第4章 デリヘルウェブ進化論」より

■デリヘル=ネットショップ論…いかに商品を魅力的に演出するか■

私は、デリヘルというビジネスは、インターネットビジネスのジャンルの1つだと考えています。デリヘルは、派遣型ですからリアルな店舗を持ちません。その代わり、デリヘルにとっての店舗とは、ホームページになります。

いかにこのホームページにたくさんのお客を集め、そして、企画・ネーミング・キャッチコピー・女性の写真などのコンテンツを通じてユーザーの性欲を刺激し、脳内を妄想で膨張させて、申し込みのアクションを起こさせるか(→電話をかけさせるか)というのが、ビジネスモデルとなります。

これは、インターネットで食べ物を売るような、いわゆる、ネットショップと変わりません。今にもよだれが出そうなくらい美味しそうな写真、食欲を刺激するキャッチコピーなどで演出すると同時に、デリヘルのホームページでは性欲をそそるような女性写真やプロフィール、そして脳を刺激してプレイ・妄想を働かせるような企画コンテンツがポイントになります。

食欲と性欲は人間の三大欲のうちの2つですが、これらはユーザーのアンテナにひっかかると反応がダイレクトに返ってきて結果も出しやすいのが特徴的です。

お店にとっての大切な商品である女性をいかに魅力的に表現・演出するか。デリヘルの場合は顔出しNGの女性の方が多いですから(目隠しの写真となる)、そのハンデがありながらも、いかにお客を誘引する写真を撮影できるか(そして、加工するか)もポイントとなります。

このページのトップへ