ホーム > TOEICテスト初挑戦のための英文法

TOEICテスト初挑戦のための英文法

演習問題320付き

TOEICテスト初挑戦のための英文法
著者 仲川 浩世
ジャンル 言葉・語学 > TOEIC
出版年月日 2005/03/01
ISBN 9784769608585
判型・ページ数 B6・255ページ
定価 本体1,300円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

はじめに
本書の効果的な利用法

第1章 品詞       文法解説 文法・語彙 演習問題
第2章 時制       文法解説 文法・語彙 演習問題
第3章 受動態      文法解説 文法・語彙 演習問題
第4章 分詞       文法解説 文法・語彙 演習問題
第5章 不定詞・動名詞  文法解説 文法・語彙 演習問題
第6章 関係詞      文法解説 文法・語彙 演習問題
第7章 主語と動詞の一致 文法解説 文法・語彙 演習問題
第8章 前置詞・接続詞  文法解説 文法・語彙 演習問題
第9章 比較       文法解説 文法・語彙 演習問題
第10章 仮定法      文法解説 文法・語彙 演習問題
第11章 誤文訂正 演習問題

このページのトップへ

内容説明

■ はじめに


TOEIC(Test of English for International Communication)が入社試験や
社内の海外赴任選抜の能力基準として考慮されるようになり、近年ますますTO
EICに対する人々の関心は高まってきています。加熱するTOEIC人気とともに、
あらゆる対策書、問題集が出版され、書店の資格コーナーに行けばTOEIC関連
書籍はあふれんばかりに並べられています。一口にTOEICのための勉強といっ
ても、何から手をつけていけばよいかわからなくて困っている人も決して少な
くはないでしょう。

本書は、ずばりTOEICの文法対策教本です。TOEICは大きく分けてリスニング
・セクション、リーディング・セクションの2つから成ります。文法問題は、
リーディング・セクションの中のPart V(語彙・文法問題)とPart VI(誤文
訂正問題)で出題されます。本書では、特にこのPart VとPart VIの文法問題
対策のために最低限知っておかなければならない文法事項をまとめてあります。
本書は、とりわけTOEIC初挑戦という方に最適なテキストですが、もちろん600
~730点突破のために、もう一度文法事項を最初からおさらいしようと考えて
いる方にもお勧めです。

英文法について、今まで受験英語のみを学習してこられた方は、TOEIC対策
のためにポイントを絞って効率的に、文法事項を確認する必要があります。本
書では、TOEIC対策のために最低限知っておかなければならない基本文法事項
を全10章の形で、頻出項目別にまとめてあります。

まず、それぞれの最重要文法事項、文法解説をじっくりと読み、自分自身の
弱点補強に努めてください。その後、各章とも例題でポイントを確認し、最後
に文法・語彙に関する演習問題(Part V形式)で文法事項の再確認をしつつ、
実力を養成できるようになっています。段階的に学習事項を確実にしていくと
いうシステムになっていますので、効率よい学習が可能です。

誤文訂正問題(Part VI形式)の問題からなる第11章は、第1章から第10章ま
での文法事項の統合問題となっています。第1章から第10章までは文法項目別
の配列となっていますが、第11章はあえて文法項目をシャッフルしております
ので、模擬試験としても利用できます。

本書にある例題、演習問題、誤文訂正問題は、すべて実際のTOEICでこれま
で出題された問題を徹底的に分析し、基本的な標準問題として作成したものば
かりです。これらは、TOEICに今後出題されそうな良質の予想問題と言っても
過言ではないでしょう。

難解な受験英語とは異なり、TOEICの文法問題に出題されるものは、ごく基
礎的な語彙や表現が中心となります。そして、これらは実際のコミュニケーシ
ョン、ビジネスシーン、また日常生活においても役に立つ事柄ばかりです。本
書で文法力の基礎固めをしておけば、リーディング・セクションだけではなく、
リスニング・セクションの点数アップにもつながるはずです。さらに、実際に
英語を使う機会があれば、本書で学習したことを応用して、さらなる英語力ア
ップを目指していただきたいと思います。

本書を完全にマスターしたあとは、既刊の「TOEICテスト730点突破のための
英文法」、「TOEICテスト860点突破のための英文法」などにもチャレンジして
みて、文法セクションにおける高得点取得を目指してください。

2005年2月 著者


■「第1章 品詞」より


最重要文法事項のまとめ

TOEICでよく出題される品詞問題は、名詞、動詞、副詞、形容詞という4品詞の
混同を扱ったものである。それぞれの語尾を見れば、ひと目でどの品詞である
かという見分けが可能。また正しい英文の語順を知ることも大切である。

1 4品詞とは

A それぞれの役割

a 名詞:何かの名前であり、文中で主語、補語、目的語となる。
Her daughter is five years old.[主語]
(彼女の娘さんは5歳だ)
My father is a teacher.[補語]
(私の父は先生だ)
Mike is reading an English book now.[目的語]
(マイクは今英語の本を読んでいる)

b 動詞:動作、状態を表し、1つの主語に対して最低1つは必要である。
Bob played soccer with his friends yesterday.[動作]
(ボブは昨日友だちとサッカーをした)
All of them like animals, and so they have many pets in their
house.[状態]
(彼らは皆動物好きなので、たくさんのペットを家で飼っている)

c 副詞:名詞以外の動詞、形容詞、他の副詞、文全体などを修飾する。
Mary is always complaining.[動詞を修飾]
(メアリーはいつも愚痴ばかりこぼしている)
The last examination was very easy.[形容詞を修飾]
(先日の試験はとても簡単だった)
Mr. Holland talks extremely fast.[他の副詞を修飾]
(ホーランド氏はものすごく早口で話す)
Unfortunately, the applicant was not accepted.[文全体を修飾]
(残念ながら、その志願者は正式に受け入れられなかった)

d 形容詞:名詞を直接修飾する限定用法と文の補語になる叙述用法がある。
Mr. Conner is a brilliant young man.[限定用法]
(コナー氏はすぐれた若者だ)
The baby was still awake at midnight.[叙述用法]
(赤ちゃんは深夜12時だがまだ起きていた)
叙述用法には、ほかにalive, asleep, afraid, aloneなどがある。

B 4品詞を見分けるコツ
それぞれの単語の語尾に注意すれば、たとえ意味がわからなくてもどの品詞で
あるかすぐにわかる。

a 名詞を表す語尾
-sion, tion pension, generation
-ment requirement, appointment
-ness coldness
-y, -ty poverty, directory
-ship membership
-ism communism
-ance entrance
-er, -or, -ist teacher, actor, specialist
-hood childhood

* -ing(動名詞)も名詞であるが、別に名詞がある場合はそちらを優先して
使う。

b 動詞を表す語尾
-ate create -ify identify
-en shorten -ize authorize

c 形容詞を表す語尾
-ful useful -al universal
-ous adventurous -ary primary
-ive expensive -c economic
-able agreeable -like businesslike
-less careless

c 副詞を表す語尾
-ly quickly, competitively

*形容詞の中にはearly, yearlyのように語尾が -lyのものもあるので注意。

C 英文における品詞の語順
英文の構成要素は、次のように分析することができる。これを見て、語順を確
認しておこう。
The woman decorated her room with pretty flowers skillfully.
冠詞 名詞 動詞 代名詞 名詞 前置詞 形容詞 名詞 副詞

*〈冠詞+形容詞+名詞〉、または〈代名詞+副詞+形容詞+名詞〉などの語
順パターンは絶対に覚えておくこと。

○ The old bag
× Old the bag
○ Her nicely painted picture
× Painted nicely her picture

*ただし、insurance company(保険会社), laptop computer(ラップトップ
・コンピュータ)のように〈名詞+名詞〉という語順で表す表現もある。前の
名詞は後ろの名詞を形容詞的に修飾していると考えればよい。


2 TOEICで品詞問題を解くコツ

TOEICの品詞問題は、PartVの文法問題でよく出題される。4つの選択肢の中で
適切な品詞を選ぶというものである。前後関係からどの品詞が必要かというこ
とがわかれば、選択肢の語尾に注意するだけですぐに解ける。

The college student -------- with her classmate for a scholarship in order to study abroad.
(A)competitive (B)competed
(C)competitively (D)competition

解答は(B)。主語のThe college studentに対して動詞である(B)competed
が必要となる。(A)は形容詞、(C)は副詞、(D)は名詞である。

このページのトップへ