ホーム > 日本一の株式専門紙が教える!初めての人の株

日本一の株式専門紙が教える!初めての人の株

売買チャンスを逃がさずしっかり儲ける絶対ポイント

日本一の株式専門紙が教える!初めての人の株
著者 株式新聞社
ジャンル ビジネス書 > 金融・経済・社会 > 
出版年月日 2004/12/01
ISBN 9784769608493
判型・ページ数 B6・198ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

第1章 株の魅力--株式の時代がきた
第2章 証券会社と売買の方法--基本を学ぼう
第3章 個人投資家の陥りやすいワナ--失敗した投資家の教訓に学ぼう
第4章 景気と業績の見方--経済と決算短信を学ぼう
第5章 株価の特徴はこうつかむ--株価動向を学ぼう
第6章 新興市場への投資
第7章 株価情報の取り方--情報の正しい使い方を学ぼう
第8章 投資の金言は不滅です--格言に学ぼう

このページのトップへ

内容説明

■ 自分のお金は自分で守り増やす時代?はじめに


戦後、東京証券取引所が開所したのは昭和24年(1949年)5月16日でした。以
降、暴落や調整局面を経ながらも、株価は上昇してきました。そして、1980年
12月29日には日経平均株価はこれまでで最も高い3万8915円87銭を付けるに至
りました。これは一般の皆さんもよく耳にしたバブルというもので、実力以上
の株価でした。

実力以上に買われた反動は大きく、1990年代はほぼ一貫して株価は下げ続け、
とうとう2003年4月28日には平均株価が7607円88銭という20年前の水準に戻っ
てしまいました。これはバブルの時と逆に実力以下の水準です。

こうした10年以上にも及ぶ下げ局面でも株価が上昇する銘柄もありました。平
均株価は225銘柄を計算して割り出す(加重平均)もので、株式を公開している
全銘柄が下げ続けたわけではないのです。これは東証一部の全銘柄をカバーす
るTOPIX(東証株価指数)も同じです。

平均株価やTOPIXが下がっている時にも、株価が上昇する銘柄もあるので
す。これを探すのも株式投資の醍醐味(だいごみ)といえるでしょう。株式市
場では「森(平均株価やTOPIX)を見ずに、木(個別株)を見よ」という
言葉がありますので覚えておきましょう。

とはいえ、全体の株価が下がっていれば、個別株も買いにくいのは当然です。
ただ、株式市場は実力以下の水準まで落ち込んだため、2003年5月以降は長期
的な上昇局面に転換したという見方が一般的になっています。さらに、預貯金
の超低金利が長期化しているうえ、05年4月にはペイオフ全面解禁(本章参考)
で銀行などの金融機関の預金が必ずしも安全ではなくなってきます。身近なと
ころでは、年金問題も深刻です。将来の年金支給額では老後の生活が心配でし
ょう。自分のお金は自分で守り、増やすという時代になってきたのです。

株式投資は元金保証ではありません。もちろん、損をする可能性もあります。
しかし、多少なりとも損をする危険(リスク)がなければ、お金は増えません。
逆にリスクがないのに、大きなお金儲けができるという金融商品には注意が必
要です。

本書は初心者にもわかりやすく説いた株式投資の入門書です。入門書といって
も実践に役立つよう構成されていますので、すでに株式投資を始めている投資
家にもお勧めできる一書です。本書を片手に、株式新聞を右手に、株式投資の
一歩を踏み出していただければ幸いです。

株式新聞社編集局一同。


■「第1章 株の魅力--株式の時代がきた」より


★2 銀行の株式取次ぎ業務が04年12月に解禁★

株式投資がさらに私たちの身近なものになってきました。これは04年4月から
株式の取次ぎ業務が解禁されたからです。これまで証券会社以外での株式売買
はできなかったのですが、企業などが証券会社の代理店になって、株式売買を
取り次ぐことが可能になりました。

8月30日からコンビニのローソンで株式の取次ぎ業務が開始されました。店内
に情報端末「ロッピー」を設置して、証券取引サービスを行なうもので、株式
のほか、個人向け国債なども購入できるようになりました。

注文はローソンが日興コーディアル証券に取り次ぐもので、この端末で株価を
リアルタイムで閲覧できます。手数料は証券会社の店舗での取引(対面取引)
の8割程度と安いのも特徴です。ローソンの店舗は全国で約7900店舗。国内の
証券会社の全店舗の4倍に当たり、証券市場に個人投資家の資金を呼び込むと
期待されています。

さらに、2004年12月からは銀行による株式の取次ぎ業務が解禁されます。銀行
ではすでに投資信託の窓口販売が可能で、証券会社の販売額に劣らない程度の
販売実績を有するようになりました。銀行による株式の取次ぎ業務が解禁され
ますと、個人の資金は預貯金から株式などの証券取引へ飛躍的に拡大する可能
性があるのです。

証券会社には入りにくいという個人も、銀行やコンビニで買い物ついでに株式
売買ができる時代になりました。

このページのトップへ