ホーム > Lessons in Life I learned from Disneyland

Lessons in Life I learned from Disneyland

《英語版》社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

Lessons in Life I learned from Disneyland

あのベストセラーが英語になった!大人が読んで楽しめる。辞書なしでも最後まで読める。

著者 香取 貴信
佐賀屋 克美
7ACT
ジャンル ビジネス書 > 自己啓発 > 生き方・働き方
ビジネス書 > サービス・ホスピタリティ
ビジネス書 > 社員教育・育成
言葉・語学 > 英語
シリーズ ディズニーランド
出版年月日 2004/11/01
ISBN 9784769608462
判型・ページ数 B6・231ページ
定価 本体1,200円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

■ もくじ ~Lessons in Life I learned from Disneyland - 18 stories~


☆ I started to work for Disney on a whim.
(ディズニーランドで働き始めたのは、ほんの軽い気持ちから)
☆ Not angry, but laying down the law.
(「怒る」のではなく「叱る」ということ)
☆ Meetings are where things are decided, no critics needed.
(ミーティングとは話し合いでなにかを決めること。評論家は要らないんだ)
☆ A job is a job, even if it is part-time.
(たとえアルバイトでも、仕事は仕事なんだ)
☆ A job is not only to earn money.
(仕事には、自給で考えなくてはならないものと、そうでないものがある)
☆ It only counts if you actually do it.
(必要なのは実際にできること)
☆ You can also learn things by not being taught.
(教えないことが逆にトレーニングになることもあるんだ)
☆ Not everything, just the most important thing.
(いちばん大切なものだけでいいんだよ)
☆ If you overlook the small things, it all falls apart.
(小さなことでも見逃すと、そこからバラバラになっていくんだ)
☆ Say something right away.
(気がついたら必ずそのときに伝える)
☆ A handful of courage is an important service.
(“一握りの勇気”も大切なサービスなんだ)
☆ If you really care about the guests...
(本当にお客様を大切に思うなら)
☆ This is more important than being good at it.
(「うまくなる」よりも大事なこと)
☆ We want to treasure the guests good memories.
(ゲストの「楽しい思い出」を大事にしたい)
☆ Service is multiplication.
(サービスは掛け算なんだ)
☆ Did I say service?
(自分のいっていた「サービス」って)
☆ Facing yourself.
(本当の自分と直面させられる)
☆ Everyone has a story.
(一人ひとりにそれぞれのストーリーがある)

このページのトップへ

内容説明

■「夢と魔法の王国」で教わった、大切なことの英語版!!
~ message from the author ~



Ladies and Gentlemen!! Boys and Girls!!
お待たせしましたぁ~!! みなさん、こんにちは!! 香取貴信です。どうぞよ
ろしく!!

やんちゃな高校生だった私がディズニーランドで働き始め、失敗したり叱られ
たりするなかで「仕事」「教育」「サービス」の本当の意味を教わったお話を
書いた『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』(日
本語版)が発行されたのが2002年5月。この本は多くの読者さんや書店さんに
愛されて、おかげさまで発行部数10万部を超えるベストセラーとなりました。
正直ビックリしていると同時に、みなさんに心から感謝しています。本当にあ
りがとうございます!!

あの本を発行させていただいてから連日、メールやお手紙などで、たくさんの
ご感想やご意見を寄せていただいています。そのなかには、中国やそのほかの
国から留学で日本に来て、一生懸命に勉強しながら働いている方々からの「日
本語」での感想もあります。

以前、上司から聞いたことがあります。中国からの留学生のなかには、本当に
貧しいなかで育った方もいらっしゃるのだと。そうした方たちは、自分を育て
てくれたお父さんやお母さんになんとか恩返しをしようと、一生懸命に勉強し
て特待生となり、日本に留学して、さまざまなことを学ぼうと精一杯に顔晴っ
て(がんばって)いるのだそうです。

日本のイメージだと、特待生であれば授業料もタダなのでは? と思いがちで
すが、じつは卒業後に授業料を返さなくてはいけないところもあるそうです。
そんな人たちは、卒業後も日本に残り、日本で働いて、授業料を返し終わって
から母国に戻るそうです。

そういった留学生のみなさんのあいだで、私の体験が書かれた本が、ぼろぼろ
になるまでまわし読みをされているんだと、上司が教えてくれたのです。

そのことを『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった II
《熱い気持ち編》』に登場した、私の親友で「夢を現実にする男」佐賀屋君に
話したところ、「じつは俺のところにも、日本人で『英語をマスターして世界
へ』と夢を持っている人たちから感想が来てるんだ!!」というのです。

ここで私たちの情熱に火がついてしまいました。彼らのために、私たちにもな
にかできないか……。考えた結果、『社会人として大切なことはみんなディズ
ニーランドで教わった』の英語版をつくろう! ということになったのです。

とはいえ、私自身は相も変わらず英語が大の苦手……。しかし、アメリカのデ
ィズニーランドでも働いたことのある佐賀屋君や、その仲間の人たち、それに
英会話スクールの「7アクト」さんが協力してくれて、ついに英語版が完成し
ました!!

この本で特徴的なのは、たとえば小見出しのところに「jp14」なんていう表示
がしてあること。これ、じつは「日本語版の14ページの翻訳だよ!!」という意
味なんです。つまり、日本語版の本文と見くらべて、英語でいうときのニュア
ンスや言い回しの違いが「より感じとりやすいように」なっているわけです。
なのでぜひ『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』
日本語版とあわせて読んでくださいね。

ほかにも、ちょっと難しかったりポイントとなるような英単語・英熟語には、
日本語訳のルビが振ってあります。だから、辞書がなくてもなんとか読めるは
ず。さらに、本文中で斜体になっている英単語・英熟語についてはコラムに関
連情報が載っていたりと、親切なんですねぇ……。

これ、みんな「英語嫌いの香取君でも楽しんで勉強できるように(笑)」という
配慮だそうです。そこまでされると、私自身も勉強せざるをえない状況に……
(汗)。

冗談はともかく、英語の苦手な人はもちろん、英語が好きな人も一度、本文だ
けでなくコラムも読んでみてください。知っているようで知らなかった英語学
習に役立つ「へぇ〜」がたくさんあり、絶対に参考になるはずです!!

この本が、英語を勉強したい人、英語で本を読んでみたいと思っている人、日
本語がまだあまり得意じゃないけど、日本に来て一生懸命に勉強や仕事で顔晴
っている留学生や外国人のみなさんのお役に立てれば、最高に幸せです!!

最後に、これまで一緒に手伝ってくれた佐賀屋君をはじめ、コラムや監修を手
伝ってくれた7アクトのみなさんほか、関わってくれたすべての方々に、この
本をささげます。ちなみにこの本、カバーをはずすと洋書のペーパーバックふ
うでカッコイイですよ!

なお、日本語版同様、登場する人物の名前はすべて仮名です(かなり似てるけ
ど)。
For the sake of privacy, all the name used in the following publication
are stage names. (thought very similer...)



■「Service is multiplication.」より


★A careless accident! But I have to bring the roses★(jp186)

At the time of this story, I was working at Cinderella Castle Mystery
Tour. At that time, Mr. Shiro was the supervisor of Fantasy Land in
which Cinderella Castle is located.

It was the last day at Cinderella Castle for our leader Mr. Hikuda due
人事異動
to a staff reassignment. All of the staff working in the Castle were
secretly planning to each give one rose to Mr. Hikuda as a way to
表現する     感謝の気持ち
express our gratitude during the evening meeting.

I was put in charge of ordering the flowers for the surprise ceremony.
I ordered forty roses from the flower shop and picked them up on my way
to work.

I stuffed them in my car and drove to work. I headed down the same
streets as usual with forty roses in my car.

There was a bit of a traffic jam that day, so I decided to take a
近道
shortcut. It all happened when I changed lanes to take the shortcut.

ガシャーン
WHAM!!

注意を払う                   ちょっとした衝突事故
I wasn't paying attention and got into a fender-bender with a scooter
that was coming up behind me.

I jumped out of the car and ran to check on the rider before calling an
ambulance. We were going slowly, so luckily he wasn't injured. He was
徹底的なチェック
taken to a hospital and released after a thorough once-over.

I called the office to explain the situation and promised to call back
once I had taken care of everything.

After I had finished all the paperwork for the accident, I went to the
落ち着く
hospital to visit the biker. When I finally calmed down, I remembered
the forty roses in my car.

"Oh no! It's Hikuda's last day. I have to take those roses to the
office as soon as I can!" I called the office again. This time Mr.
Shiro answered the phone.

"Hey, Katori! Are you alright?"
"Yeah, I'm fine. Sorry for all the trouble."
"Well, we all decided that it is okay for you to not show up today."
"No, I have to be there. I'll be right there."
"Don't worry about us, we'll be fine here. What's so important?"
"To tell you the truth, it's Mr. Hikuda's last day and I'm in charge of
the flowers."
"I see. You drive carefully, okay? Come and see me when you get here.
Promise?"
"Promise."

★You can't meet the guests in that condition★(jp189)

I drove to work more carefully than usual, just as Mr. Shiro told me.
I went to see him as soon as I got to the office.

"Mr. Katori, are you all right?"
いくらか
"Somewhat."
"I've decided to let you have the day off because you aren't in the best
emotional condition right now."
"Emotional condition?"
"That's right. Right now you are trying hard to act normal, but I think
壊れやすい状態
deep inside you are in a fragile state right now. You can't meet the
guests in that condition."
"..."

掛け算
"Listen, service is multiplication!"
"What? Service is multiplication?"
(そのとおり)
"Absolutely! A lot of guests come here for a good time right? I heard
this a long time ago, but this is why service is multiplication."
"What are you talking about?"

"The guests come in through the front gate, right? That's when they are
挨拶する
greeted by a warm smile by the staff there. Next, the staff at the
attraction gives them the best service they can and it is a good
experience. Then they go somewhere else and are met by different
staff... This keeps on going, getting great service from the staff and
the good memories double and triple. That's what I'm talking about.
Service is multiplication!"
"I see."

その計算式に0を掛ける
"But, do you know what happens when you throw a zero into the equation?\\"
"It becomes zero."
"You got it! That's why I think your mental condition is so important.
確実に
It doesn't mean that you are definitely multiplying by zero, but you
通常とは違って
are a little off your game."
"Right."
君を表に出させる
"That's why I think that it is a good idea not to have you out in front
of the guests today! I'll bring the flowers for Mr. Hikuda and you can
stay here and work in the office until the meeting tonight. We can go
to the castle together once the park has closed for the night."

I followed his advice and worked in the office that day.

 

 

page image

このページのトップへ

関連書籍

ディズニーランドで語り継がれる魔法の言葉33

ディズニーランドで語り継がれる魔法の言葉33

キャストが大切にする「想いをつなぐ言葉」

著者:石坂 秀己
 
ディズニーランド 3つの教育コンセプト

ディズニーランド 3つの教育コンセプト

責任感と行動力はこうして心身に刻まれる

著者:生井 俊
 
 
ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣

ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣

笑顔でいられる心の持ち方と行動のしかた

著者:石坂 秀己
 
ディズニーランドのここがすごいよ!

ディズニーランドのここがすごいよ!

ディズニーの「稼ぐ仕組み」を本気でマネろ

著者:永野 まさる
 
 
社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

ディズニーランドが私にとっての学校だった

著者:香取 貴信
 
 
中学英語でアメリカン・ポルノが読める

中学英語でアメリカン・ポルノが読める

辞書の代わりに想像力を使って英語学習

著者:中村 康治
 
 

このページのトップへ