ホーム > 外国映画の歩き方

外国映画の歩き方

友達より深く楽しむ

外国映画の歩き方

日本人にはわかりにくいけど欧米人はわかっている宗教・歴史・社会・習慣・迷信をピックアップ。これでもっと楽しめる。

著者 三笠 加奈子
ジャンル 趣味・実用
一般書 > 読み物
出版年月日 2004/04/01
ISBN 9784769608271
判型・ページ数 A5・223ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

第1章●やっぱり基本は聖書でしょ! ―― 宗教のお話
第2章●舞台になったのはいつの時代? ―― 歴史のお話
第3章●映し出されるのは世の中の縮図 ―― 社会のお話
第4章●こんなシーンよく見るよね!?――習慣のお話
第5章●こんな意味があるなんて!? ―― 迷信のお話
第6章●登場人物は種々雑多 ―― 人種と国のお話
おまけ

このページのトップへ

内容説明

あっ、そういうことだったんだ!! なるほどなぁ~がたくさん!

●外国映画は、当然のことだけど外国人がつくってる。だからときどき、日本人にはわかりにくい描写や暗示がまじってる。日本人には「????」というシーンでも、外国人は「!!!!」とわかる。これってちょっとクヤシクない?
●宗教や生活習慣などが日本とは違うから、わからなくてもしかたがない。でも、これらの知識がちょっとあれば、その映画がよりいっそう楽しめるはず。
●そこで、この本。外国映画をより深く楽しむヒント――宗教、歴史、社会、習慣、迷信――をピックアップ。「????」が「!!!!」になれば、映画はもっともっとおもしろい!




知れば知るほど映画はもっとおもしろい! ―― まえがき

みなさんは外国映画が好きですか? 私は大好きです。
好きが高じて欧米中の映画館やシネコン、レンタルビデオ店を行脚しているのですが、現地で映画を観ると、けっこう意外な発見があるんですよ。
たとえば、非英語圏では、ハリウッド映画の90%が吹き替え版で上映されていたり、同じ映画なのに、各国でタイトルが違ったり、はたまたドイツでは、宗教的な理由から『ミッション・インポッシブル』が上映禁止になっていたり(トム・クルーズが入信しているサイエントロジーという宗教の影響が作品に色濃く出ているためだそうです)。
でも、いちばん新鮮だったのは、笑いや驚きのポイントが日本とは違うところ。
たとえば、名作サスペンス『セブン』をアメリカ人の友人と観ていたとき、犯人の名前が「ジョン・ドウ」と明らかになった瞬間に、となりの友人が「クスッ」と笑ったんです。どうしてだと思います?
答えは簡単。「ジョン・ドウ」っていうのは、アメリカでは警察官が身元不明の死体につける“仮”の名前なんです。日本でいうなら「名無しの権兵衛」さん、みたいなものでしょうか。『セブン』の犯人は、こんなところで警察をからかっていたんですね。
この本では、そんな欧米人しか気づかないこと、欧米人だからこそ感動して涙するポイントを、さっくり集めてみました(欧米以外の外国映画については、また別の機会に)。
「キリスト教がわかっていれば、この映画はおもしろかっただろうに……」
「この主人公の名前って、絶対に裏の意味がありそう」
「ところで、大尉と大佐って、どっちがエライの?」
欧米映画を観ると、ときどき感じる、こんな疑問やあんな疑問。この本を読んで、すっきり納得しちゃいましょう!
ただし! “映画”は「観る人自身」が自分なりの楽しみ方を見つけるエンタテインメント。この本に書かれていることは、ひとつの解釈にすぎません。読者のみなさんなら、作品のなかに新たな筋書きを発見するかもしれません。
あなたなら、『マトリックス』をどう解釈しますか? 『スター・ウォーズ』のルークは、やっぱりイエス・キリストがモデルだと思いますか? なら、レイア姫の存在って、どんな意味があるのでしょう? 『ギャング・オブ・ニューヨーク』のビルの義眼には、どんな想いとプライドが隠されているのでしょうか?
考えてください。考えれば考えるほど、映画っておもしろくなりますよ♪
それでは、友達に差をつける、外国映画の歩き方の始まりです。

 

 

page image

このページのトップへ

関連書籍

にほんとにっぽん なにが違うの?

にほんとにっぽん なにが違うの?

なんとなく「わかったふり」して使ってる?

著者:妹尾 みのり
 
マンガで楽しむ新約聖書

マンガで楽しむ新約聖書

愛・哀しみ・奇蹟に生きた男のストーリー

著者:三笠 加奈子
 
 
マンガで楽しむ旧約聖書

マンガで楽しむ旧約聖書

戦い・陰謀・愛憎うずまく大河歴史ロマン

著者:三笠 加奈子
 
 

このページのトップへ