ホーム > ディズニーランド深層心理研究

ディズニーランド深層心理研究

「人をとりこにする秘密」が解き明かされる!

目次

第1章 ディズニーランドの「不思議な感動」の謎をさぐる 
第2章 「ディズニーへの偏見」が根深い理由とは
第3章 ディズニーと「サイバーアミニズム」の関係とは
第4章 「時代遅れ」が未来を切り開く 
第5章 「リピーター」になるには理由がある

このページのトップへ

内容説明

心理学者として活躍する富田隆は大のディズニーファンだった。「なぜディズ
ニー(ランド)はこれほどまでに人を魅きつけるのか」をテーマに、50の問い
を設定して、独自の解釈で答えを探りました。

人気の秘密はマーケティングの見事さだけでなく、深層心理に訴えるやり方を
しているから、との視点から、富田流ディズニー論を展開します。おもしろく
読めます。

小社のベストセラー『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教
わった』1・2とはまた趣きの違う魅力があります。


■ こころの謎を解くディズニーランドという「魔法の鏡」--はじめに


この本を読んだ方は、きっとディズニーランドに行きたくなるはずです。でも、
それだけではありません。

あなたがもしビジネスマンなら、何か新しいビジネスチャンスを思いつくはず
ですし、もし誰かに恋をしている真っ最中なら、お相手のこころの奥が、今ま
でより深く「見えた」と感じるはずです。

この本は、もちろん「日本におけるディズニーランドの成功」という現象をあ
つかっているわけですが、ただ単純にその現象を紹介するものでも、讃美する
ものでもありません。そこから一歩踏み込んで、そうした現象を生み出した人
間たちの「こころ」に迫るものです。

ディズニーランドのキャッチフレーズではありませんが、文字どおり「魔法」
と呼びたくなるような、この素晴らしいサクセスストーリーを生み出したのは、
ディズニー自身をはじめとするディズニー社の仲間たちであり、これを日本の
地に根付かせたオリエンタルランド社の皆さんであり、これを支持した報道関
係サポーター(?!)の人たちであり、アトラクションの提供企業であり、現在
進行形で働き続けているスタッフやキャストの人たちです。そして、忘れては
いけないのは、この地を訪れた膨大な数のゲストたちです。

あなたはディズニーランドに行ったことがありますか? もし、「イエス」な
ら、あなたもまたこの奇跡を生み出した「張本人」の一人です。

自由主義市場経済というシステムの長所は、「客」に決定権があるという点で
す。これはきわめて民主的な仕組みといえるでしょう。

たとえば、この本が増刷されるかどうかを決定するのはあなたです。読者がこ
の本を買うという行為は、積極的な「選択」であり、どこかの国の選挙よりは
るかに主体的な意志の表明なのです。自らが代金というコストを支払ってまで
それを選択するのですから、時に買収やおいしそうな公約が横行する国政選挙
より、はるかに本人の正直な気持ちが反映した公正な仕組みといえるでしょう。

もちろん、ゲストのなかには、二度とこの地を訪れない人もいますし、結局は
「なじめなかった」という人もいるでしょう。しかし、ご存知のように、ディ
ズニーランドの経済を支えているのは、繰り返しこの地を訪れる「リピーター」
です。たまたま評判なので行ってみたという人に比べ、リピーターの意志は、
はっきりしています。私自身も含め、リピーターはいわば確信犯のようなもの
なのです。

ですから、ディズニーランドの成功を支えた一番の功労者は、これまでそこを
訪れたゲストたちだと言っても、言い過ぎではないはずです。

もちろん、その陰には、こうした「体験」を可能にしたディズニーランド側の
創意工夫と努力があります。ただ、どんなに創業者やスタッフが頑張っても、
それがゲストに支持されなければ、夢はそこで終わります。現に、低迷する経
済のもとで、お客の支持を得られずに崩壊した企業の残骸が累々と横たわって
います。それが市場経済の冷酷な、もうひとつの現実なのです。それではなぜ、
あなたや私をはじめとする膨大な数のゲストたちは、ディズニーランドを支持
したのでしょう?

この謎を解くためには、「心理学」という道具を駆使しながら、ゲストのここ
ろの奥深く、深層心理の世界へと潜り込む必要があります。

なぜゲストは並んでいる最中も楽しそうなのか?
なぜゲストは「懐かしい」気分のなかでくつろいでいるのか?
なぜあんなにおみやげを買うのか?
なぜ繰り返し同じアトラクションに通うのか?

ディズニーランド成功の謎を心理学的に明らかにすることは、とりもなおさず
「私たち自身のこころの秘密」に迫るということなのです。

あなたも、ディズニーランドという「魔法の鏡」をのぞきこむことで、自分自
身のこころの謎を解いてみませんか。そこには、私たち人類が共有する「太古
の記憶」だけではなく、今日の社会生活に陰のごとくつきまとっている「近代
の呪縛」や、情報革命によって開放された「近未来の福音」までもがうごめい
ています。

この本は、ディズニーランドという「魔法の王国」への「もうひとつの入り口」
であり、その王国の心臓部には、あなた自身の本当の姿を映し出す「魔法の鏡」
が待っているのです。

2003年 冬の晴れた日に                    富田 隆

このページのトップへ

関連書籍

ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣

ディズニーランドが教えてくれた みんなが笑顔で働ける習慣

笑顔でいられる心の持ち方と行動のしかた

著者:石坂 秀己
 
ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密

ディズニーランド「また行きたくなる」7つの秘密

なぜワクワクしちゃうんだろう?

著者:生井 俊
 
 

このページのトップへ