ホーム > 「売れるセールス」は女性にまかせなさい

「売れるセールス」は女性にまかせなさい

「自分ブランド」に磨きをかける法

目次

第1特集 女性セールスの黄金時代がやってきた
第2特集 これが朝倉流! 営業・セールスの成功ノウハウ
第3特集 私が考えていることを伝えたい!
エピローグ 私の人生、「いままで」と「これから」

このページのトップへ

内容説明

■ はじめに


●今を変えたい!と前向きに一所懸命もがいているあなたへ
~恋愛センスと営業センスは同じもの~

こんにちは! 「働く女性の応援団長」朝倉千惠子です。

突然ですが、いい恋愛してますか?
なぜ、こんなことを聞くかって?
それは「営業は恋愛と同じ」だからです。
私が知る限り、売れる営業には「モテる女性」が多く、売れない営業には「モ
テない女性」が多いのです。つまり、いい恋愛をしている女性のほうが営業が
うまいわけです。なぜでしょうか?

21世紀は物があり余り、また情報過多な時代。お客様のほうが知識が豊富だっ
たりします。そして彼らはいつも「誰からモノを買えば、最も信頼できて、お
トクか」を必死になって考えています。おトク、すなわち「付加価値勝負」。
ただ売ればいい、買えばいい、じゃないんですね。

「付加価値勝負」になったとき、私は「絶対にこれからは女性が強い!」と思
いました。なぜなら、女性は母性本能を持っていて「気くばり・目くばり・心
くばり」が自然にできるから。お客様のために尽くしたい! 相手のために役
に立ちたい! と思えるのは、女性ならではの感性であり、本能であるからで
す。

これらはトップセールスになるために、とても重要な要素。これ、何かに似て
いると思いませんか。そう! 恋愛と同じなんです。

ただ、本能や素質も、磨かなければ意味がありません。この本を手に取ったあ
なたも、自分をもっと磨きたい、もっと素敵に変わりたい! と思っているの
ではないですか?

そんなあなたにお願いです。この本を読むとき、以下の心構えを持って臨んで
ください。

メチャクチャ稼ぎまくる
ぶっちぎりで
ダントツの
ものすごくモテる女性営業になる!

カワイコちゃん営業では小さな数字しか稼げません。人からかわいく見られた
いと思うあまり、人の目を気にして、ぶっちぎりの仕事ができないからです。

私はそんな小さな女性を目指しません。「出る杭は打たれる」と言いますが、
「出すぎた杭は打たれない」「打ちようがない」のです。であるなら、とこと
ん「出すぎた杭」になるほうがいいではありませんか!

「出すぎて、男性にモテる最強の女性営業集団」をつくりたい!というのが、
私の理想なのです。

昨日まではリハーサル。今日からが本番です。さあ、私といっしょに「モテモ
テぶっちぎりダントツ女性営業」を目指しましょう!

また、女性だけでなく、女性の部下を抱えている管理職の方も、ぜひお手に取
って読んでみてください。女性社員が何を考え、何を望んでいるのか。手にと
るようにわかるはずです。

会社には男性と女性しかいません。ならば、お互いの違いを尊重し合える、前
向きで明るい、積極的な職場環境をつくることは不可欠です。さまざまな会社
の経営者と話をし、仕事をしてきた私だから、お伝えできることがたくさんあ
ります。女性社員たちの心の声を聞いてください。

r\n■「第1特集 女性セールスの黄金時代がやってきた」より


★1 セールスは女性におまかせ!★

●女性だけの最強集団

私自身の新たな挑戦。それは、女性だけの営業部隊をつくることです。しかも
その女性たちの部隊は最強集団です。「売れない営業、お断り!」、「トップ
セールス、この指とまれ!」、そんなキャッチフレーズを掲げて、元気に旗揚
げします。

のっけからこんなこといって申しわけありません。売れない営業に力をかけて
育てることも大事ですが、逆に売れてる人をもっと売れるようにしたほうが、
会社の売上げは絶対、上がります。

トップグループをいかにしてグイグイ引き上げていくか、そこに力を注ぐべき
です。トップグループの頑張りによって、あとの6割8割は自然に引き伸ばす
ことができるのです。

よく28(に・はち)の法則という言葉を耳にします。これは、2割のトップ
グループが、8割の売り上げをつくっているという意味でも使われています。
それならば、トップ2割の人たちにさらに磨きをかけて、周りの6割8割の人
たちを引っぱっていくように取り組んだほうがいいのです。そのトップ2割を
育成していくことによって、周囲に与える良い影響は、すごく大きくなるので
はないでしょうか。

同じように、262(に・ろく・に)の原理と言われるものがあります。上位
2割が優れている人。中間の人が6割。一所懸命育ててもなかなか成果が上が
らない人が2割と、こういうふうに分類されるわけです。

一般的にはこの6割層をいかに最強集団のトップ2割に持っていくかが大切だ
と言われています。けれど、私が強化したいのは、トップ2割の人たちなので
す。スキルを磨き上げた2割の「最強集団」をつくりたいというのが、いまの
私のビジョンです。

このページのトップへ

関連書籍

お客様が不思議とファンに変わる!女子脳営業術

お客様が不思議とファンに変わる!女子脳営業術

販売とは、お客様と思いを分かちあうこと。

著者:舛岡 美寿子
 
 

このページのトップへ