ホーム > ブラック企業の営業術

ブラック企業の営業術  新刊

クリーンにしてホワイト企業で使ったら1100人をゴボウ抜き

ブラック企業の営業術

結果を残せない人間は地獄行き!の世界で生き残るために編み出した超えげつない営業術とは?

著者 小嶋 康之
ジャンル ビジネス書 > ビジネスノウハウ
ビジネス書 > ビジネスノウハウ > 仕事術
ビジネス書 > ビジネスノウハウ > 人を動かす
ビジネス書 > 自己啓発 > 生き方・働き方
ビジネス書 > 営業・セールス
出版年月日 2014/11/10
ISBN 9784769611332
判型・ページ数 4-6変・256ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序 章 私はこのようにして「ブラック営業術」と出会った
第1章 ブラック企業が教えてくれたこと
第2章 ブラック企業のトップ営業マンがやっていること
第3章 ブラック企業ではどのように交渉の主導権を握るのか
第4章 一度とらえたお客を絶対逃さない親睦の図り方
第5章 お客のほうから契約したいと言わせる方法
第6章 契約に持ち込みための背中をもうひと押しの仕掛け
第7章 クロージングと入金の大詰めで失敗しないテクニック
第8章 解約希望を言ってきたときの対処法

このページのトップへ

内容説明

はじめに

「ブラック企業の営業術」は聞きしに勝るものがあります。

それは、電話1本で相場価格の2倍もする商品を、ごく当たり前のように売ってしまう技術だからです。もちろんその背景には、どんな手を使ってでも売らなければ評価されず、売れなければ地獄行きという環境があるのも事実ですが…。

つまりは、「数字が人格」なのです。

だから、ありとあらゆる考えをめぐらせ、成約に結び付ける手段を考え抜き、実行に移す。そして、結果を出す。

なかには、法律スレスレであったり、一歩踏み外した手法があることも確かです。しかし、それは成果を出せなかったときの地獄行きを避けるため、命がけで編み出した手法でもあります。だから、間違いなく結果を出せるのです。

ただ、いまの時代、これをそのまま真似したら、手がうしろに回ってしまいます。まったく同じ手法は、皆さんにお勧めできるものではありません。

とは言うものの、この営業術を永遠に眠らせてしまうのはもったいない。

そこで私は、このブラック企業の営業術を、転職した教育業界最大手のホワイト企業でも使えるように、何度も何度も濾過しました。その結果、全社平均成約率50%を大幅に上回る89.5%を樹立。最終的には、東日本で成約率と契約高でトップを獲得しました。

その手法は、私自身だけでなく、他の営業マンにも効果絶大でした。ある上司から匙を投げられた営業マンに、この営業術を伝授してわずか2ヶ月後、競合が多いため成約が難しいと言われる東京エリアで、トップ3を獲得するまでの成果が出ました。

今回、本書を執筆させていただこうと思ったきっかけは、単にこの成功手法を伝えたいだけではありません。ブラック企業で無茶な契約を取ってきた贖罪もあります。

ブラック企業で地獄の淵を歩いてきた私は、ブラック営業術をクリーンに変換し、皆さんが使えるようにした営業術をお伝えすることが義務だとも思っています。

これまでの営業術とは一味違った営業術。

ご自身のスキルに付け加え、ぜひスーパーセールスマンになっていただければ幸甚です。

このページのトップへ

関連書籍

お客様が不思議とファンに変わる!女子脳営業術

お客様が不思議とファンに変わる!女子脳営業術

販売とは、お客様と思いを分かちあうこと。

著者:舛岡 美寿子
 
バイトだけでも営業できるマクドナルドの教え方

バイトだけでも営業できるマクドナルドの教え方

自分で考え行動し成長する人材集団の育て方

著者:丸本 敏久
 
 
営業マンは手帳より100円ノートを持ちなさい!

営業マンは手帳より100円ノートを持ちなさい!

お金も手間もかけずに成約率が5割もアップ

著者:後藤 裕人
 
タフな商談を必ず勝ち取る 外資系の交渉術

タフな商談を必ず勝ち取る 外資系の交渉術

説得してYESと言わせてはまだまだ二流

著者:岩城 徹也
 
 

このページのトップへ