ホーム > 池口 恵観

池口 恵観

名前 池口 恵観
カナ イケグチ エカン
 

プロフィール

1936年鹿児島県に生まれる。行者であった両親の指導を受け、幼少の頃から真言密教・修験道の修行に励む。59年高野山大学を卒業。その後も言語に絶する荒行を続け、絶大な法力を身につける。現在鹿児島最福寺、藤沢市江の島大師の法主。高野山真言宗伝燈大阿闍梨大僧正。密教の荒行と言われる八千枚護摩行をこれまでに99回成満し、さらに89年前人未到の「百万枚護摩修行」を成満する。99年山口大学より医学博士を授与。山口大学を始め14の大学で客員教授、非常勤講師を務め、仏教の立場から、生命倫理、医療倫理について取り組んでいる。 歴代首相の指南役とも言われており、スポーツ選手の金本知憲や新井貴浩、作家の家田荘子、田原総一朗氏ら、師を慕う人も多い。20世紀最大の密教行者と称される。

このページのトップへ

著作一覧

空海に学ぶ人生でもっとも大切にしたい42のこと

空海に学ぶ人生でもっとも大切にしたい42のこと

大僧正池口恵観さんの癒しと励ましの言葉。

著者:池口 恵観
 
 

このページのトップへ