ホーム > 昇地 三郎

昇地 三郎

昇地 三郎
名前 昇地 三郎
カナ ショウチ サブロウ
 

プロフィール

しいのみ学園創立者 福岡教育大学名誉教授 健康長寿マイスター 明治39年(1906年)8月16日北海道生まれ。広島師範、高等師範を卒業。広島文理科大学で心理学を学び、旧制の文学博士号取得。また九州大学では精神医学を学び、旧制の医学博士号取得。昭和29年(1954年)、48歳のときに日本初の重複障害児教育施設「しいのみ学園」創立。創立当時の様子を記した著書『しいのみ学園』は当時120万部を超えるベストセラーとなり、映画化もされて大ヒットとなる。 現在は、これまでの教育者としての成果を発展させた『手作りおもちゃ親子愛情教室メソッド』をもとに幼児教育・家庭教育の大切さを説いて、手作りおもちゃの講演・ワークショップを開催している。同時に自身が実践してきた、脳と体がともに健康で長生きするための習慣を『十大習慣健康法』にまとめ、講演活動を行なっている。その活動範囲は、日本国内にとどまらず、99歳から105歳までに6回の世界一周講演旅行を開催し、106歳を迎える2012年にはギネス世界記録への挑戦となる生涯では8回目の世界一周講演を行なうなど、世界各国で精力的に活動し、好評を博している。 またその「脳の若さ」は、各研究機関から注目され様々な研究に協力しており、メディアでも取り上げられている。 ---ご注意--- 著者名の「昇」は正しくは上に「日」下に「舛」です。 環境依存文字のため「昇」を置かせていただいております。

このページのトップへ

著作一覧

106歳を越えて、私がいま伝えたいこと

106歳を越えて、私がいま伝えたいこと

百歳を超え世界を駆巡る教育者のメッセージ

著者:昇地 三郎
 
 

このページのトップへ