ホーム > 支倉 槇人

支倉 槇人

名前 支倉 槇人
カナ ハセクラ マキト
 

プロフィール

上智大学理工学部卒。作家。編集者。科学・技術、音楽、カルチャー系から文芸まで幅広く執筆する。『よくわかる情報通信ネットワーク』(こう書房)ほか、著作はおよそ二十点。支倉名義のほか細川博昭の名前でも執筆活動を行ない、こちらでは主に歴史系ノンフィクションを書く。最近の著作としては、『大江戸飼い鳥草紙』(吉川弘文館)、『飼い鳥 困った時に読む本』(誠文堂新光社)などがある。
(2007年8月時点の情報です)

このページのトップへ

著作一覧

眠れぬ江戸の怖い話

眠れぬ江戸の怖い話

日本の「怖い話」の原点は江戸時代にある

著者:支倉 槇人
 
 

このページのトップへ